見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■第26話 あしもとに宇宙

近年見ないオリジナルSF萌えアニメとして注目されていた「宇宙をかける少女」も遂に最終回!

最終話を前にしてネルヴァルとレオパルドの立場が入れ替わるなど破天荒な展開が続きますが、
膨大な伏線を未消化状態で、いったいどんなラストを我々に見せてくれるのか?注目です。

sk2601.jpgsk2602.jpg
sk2605.jpgsk2606.jpg

「ごめんねレオパルド。でも乗り越えさせて!」

レオパルドが闇の人格「プリンス・オブ・ダークネス」に乗っ取られた事で、秋葉達「獅子堂財閥」と、ネルヴァル陣営、そしてそこから離反した馬場つつじによる三者連合が組まれる事になりました。

何気に注目は生徒会長の色仕掛けに精神的動揺を隠せない馬場つつじで、脚本家が思い出したかのように公式設定の「つつじは生徒会長、時雨に憧れている。」を使ったのが驚きでした。何だかんだ言ってもやっぱりイケメン好きなんですね(ToT)

しかし生徒会長も得意のナンパを披露する前に、馬場つつじの格好にツッコもうよ!(笑)

[宇宙をかける少女 第26話 これは打ち切りENDなんじゃあ・・・(^^;]の続きを読む
スポンサーサイト
■第25話 黄昏れる神々

レオパルドの中の「プリンス・オブ・ダークネス」が目覚め、善悪交代劇となった「宇宙をかける少女」
なんだか支離滅裂で纏まりが全く無い印象ですが、秋葉とナミ、自らのレゾンデートルを持たざる者同士の戦いと考えればシリーズ通して一貫していたのかも知れない。

主人公の成長物語を描く多くのアニメの場合、主人公の意識が覚醒し、自らのレゾンデートルを証明する事で物語が完結する場合が多いのですが、もしかしたらこの物語は光と闇、2人の宇宙をかける少女それぞれの意識の覚醒までを描く事がテーマなのかも知れません。

sk2501.jpgsk2502.jpg
sk2503.jpgsk2504.jpg

序盤はレオパルド改めプリンス・オブ・ダークネスとネルヴァルとの戦い。目覚めたプリンス・オブ・ダークネスは黄金銃が無くても反物質砲を撃ち放題。「私には効かぬ!」と言っていたネルヴァルですが、完全体で撃つと雷属性が追加されるらしく、あえなく機能停止に追い込まれてしまいました。

[宇宙をかける少女 第25話 黄昏れる神々]の続きを読む
■第24話 終末の呼び声

イモちゃんが生きていた事が明かされた前回の終わりでしたが、それ自体には大して驚きはしないですし、むしろこれからのイモちゃんの活躍を期待しつつ楽しみにしたい所ですが、それより驚いたのはイモちゃんがどうして無事だったのか?が説明された所でした。

いや~、ちゃんと生きてる理由を説明する気があったんですね!
驚きを通り越して感動すら覚えましたよ。このスタッフはやれば出来る子だったのか!(笑)

という訳で、生きてた理由はネルヴァルコロニーが間にワープアウトして爆弾と激突したので、
イモちゃんのカプセルはそもそも衝突しなかったという事でした。

sk2405.jpgsk2406.jpg
sk2407.jpgsk2408.jpg

さて、相変らずの直情型で、とりあえず出たとこ勝負で救出に向かおうとする秋葉も秋葉なら、
感情論を一切無視して論理的かつ合理的に行動しようとする風音も相変らずの石頭で困ったもの。
何気に風音とネルヴァルは話せば気が合いそうな気さえして来ました(笑)

そしてほのかといつきで秋葉の救出作戦を実行!
ほのかの「レオパルドには秋葉が必要。秋葉にはイモが必要」はナイスセリフですね(^^)

[宇宙をかける少女 第24話 毎度恒例のラストを予想してみました。]の続きを読む
■第23話 秘剣、輝く

イモちゃんの死に茫然自失のままレオパルドコロニーに帰還した秋葉達一行。
今回は秋葉の復活劇を描くのだろうとは思っていましたが、誰が秋葉に活を入れるのか?
そこを注目してこの一週間を待っていました。

ちなみに私が一番見たかったのは、馬場つつじが秋葉に活を入れるという超展開!

sk2301.jpgsk2302.jpg


「報酬は確かに。」

これで今回の馬場つつじは終了かい!(^^;

秋葉に活を入れるという超展開とか言う以前に、このアニメの最萌えキャラの馬場つつじが、
アバンで今話の登場が終わりという所に激しくガックリだよ!
もはや本編は私にとっては消化試合のようなものなのか・・・。

[宇宙をかける少女 第23話 レオパルド vs クサンチッペ 決着!]の続きを読む
■第22話 冥い旅路

イモちゃぁぁぁあああん!!!・゚・(⊃д`゚。)・゚・

と、まさかのイモちゃん特攻のアバンから始まった今回。せめてもの生存の可能性は、イモちゃんが秋葉と同じく量子変換式多環境対応型強化装備、通称Qテクターを着ているので、宇宙に投げ出されてもとりあえず無事だろうという事ぐらいですが、ここはご都合主義だかと何のと言われようとも、

イモちゃん生存を信じて観続けようと思います。

sk2201.jpgsk2202.jpg
sk2203.jpgsk2204.jpg

さて前回、反物質爆弾を撃った月面とウーレ人民共和圏ですが、ネルヴァルがカークウッドに被害甚大と情報操作して油断させ、カテドラル・ベンディスカ(吹雪の大聖堂)で月面へワープして全てを氷結させてしまいました。

「カークウッドを守ろうとした小さな勇気に酬いるべきだ。」とイモちゃんを評したり、
「お前たちは支配するにも値せぬ」と月面とウーレ人民共和圏に言い放ったり、

主人公達より主人公っぽい気がするのは気のせいか?(^^;

しかしこれで月面とウーレ人民共和圏が物語からフェードアウトなのかなぁ?
もしそうなら、こいつらイモちゃん殺しに登場しただけじゃねーか!Σ(*`Д´*)ノノ


[宇宙をかける少女 第22話 足でレバーを蹴ってベンケイアタック!]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。