見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■第12話 絆

Marvelアニメ計画第三弾のX-MENもいよいよ最終回。

巨神兵と化したタケオのパワーで地球がヤバイ!!



・・・のですが、最終話はアストラル世界での親子対話と久子の説得で終わり、
他のX-MEN達に活躍の場が残されていなかったのは残念です。


xm1201.jpgxm1202.jpg
xm1203.jpgxm1204.jpg

タケオを止める為、戦いを挑むX-MENですが、「全てを歪める」という、
言葉の意味は良く解らんが、とにかく凄い能力だ!を持つタケオに成す術無し!
ウルヴァリンの爪が空間歪曲で自身を貫くのは、まさに矛盾の如く面白いアイデア。

そしてタケオの攻撃から2人を守るべく久子が耐える!耐える!
久子のオーバーソウルはホント硬いですね。物理的に効くとしたらウルヴァリンの爪くらいかも。


そして遂にプロフェッサーXがタケオの心に精神ダイブ!

「それほどまでに私を憎んでいるのか!父である私を、」


そりゃまぁ、タケオから見たら母親と自分を捨てたように思えたかも知れませんし、その上、このミュータントパワーは父親の遺伝子てすからね。むしろ憎んでるとは思わなかった方が変ですよ。


[ X-MEN 第12話 やっぱりハゲたオッサンより可愛い幼馴染だよね。常考!]の続きを読む
スポンサーサイト
■第11話 終末

マスターマインドの幻覚によって暴走したタケオ。

久子の手の痛みはタケオの事以外に二次変質への伏線かとも前回予想しましたが、
どうやらベタに「思い出によって古傷が痛む。」という設定だけだった模様です。

xm1101.jpgxm1102.jpg
xm1103.jpgxm1104.jpg

しかし久子が子供の頃を忘れていたのはタケオの能力によってだった!
・・・とは予想してませんでしたね。これは上手いなぁ(^^)

久子が怒り爆発で液体ミュータントの呪縛を振り解いて殴りましたが、
そこをサイクロップスがオプティックブラストで倒して終わりとは呆気無い。
どう倒すのか楽しみだったので、少し拍子抜けしちゃいました。

[X-MEN 第11話 遂にプロフェッサーXが到着!本当に長かったな・・・。]の続きを読む
■第10話 真実

いよいよインナーサークル四天王との戦いに突入したX-MEN。

マスターマインドの口よりU-MENがインナーサークルの下部組織だった事が開かされましたが、佐々木先生が抑制剤作成の為に必要なミュータントの臓器を得る為にU-MENと結託していたとは・・・

もはやウルヴァリンで無くてもブチ切れる悪党っぷり!


この人とプロフェッサーXとの間にどんな別れがあったのかは解りませんが、他のミュータンを生贄にして我が子を守ろうと行動する前に、一言チャールズに連絡していれば一連の事件が全て防げたのではと思うと、とても擁護する気にはなれません。

xm1001.jpgxm1002.jpg
xm1003.jpgxm1004.jpg

久子の幼馴染だったタケオですが、久子の古傷が痛むのはタケオの能力に反応しているだけなのか?。それにしては引っ張りすぎな気もするので、これは久子がタケオの力に影響されて二次覚醒する伏線かも知れませんね。

[X-MEN 第10話 もはやウルヴァリンで無くてもブチ切れる悪党っぷり!]の続きを読む
■第9話 暗躍者

いよいよラスボスも登場し、敵味方が入り乱れて舞台に出揃った感じのX-MEN。
前回、今回と構成が微妙なのは次回にあるであろう超バトル回への作画溜めなのでしょう。

xm0901.jpgxm0902.jpg
xm0903.jpgxm0904.jpg

「私は、ワイルドなタイプの方が好みよ。」

ub1106.jpg

「俺の大好きな日本人女性とフラグキタ━(゚∀゚)━!」


とは思ってないでしょうが、久子の予想外のセリフに一瞬意表を突かれたウルヴァリン。そう言えば真理子の事はマーベルの公式本にあるそうですが、原作ではウルヴァリンが記憶を失う前なのか、それともパラレルワールドなのでしょうか。

[X-MEN 第9話 遂に出揃ったX-MENとインナーサークルの面々!]の続きを読む
■第8話 予兆

物語が進むにつれ、ミュータントの二次変質がバイオハザードでの
T-ウィルスに感染した人のようにも見えて来た今回の物語。

佐々木先生は良い人かと思いきや、息子を救う為に
U-MENやインナーサークルに協力していたとか来そうな感じですね(ToT)

xm0801.jpgxm0802.jpg
xm0803.jpgxm0804.jpg

怪奇!、サソリ怪人の正体は助手の女性と判明!


まさか前回登場したばっかりで、最後の襲撃者が彼女だとは読めませんでしたね(^^;
加減したと言っていた久子ですが、すっかり頼れる仲間となりつつあります。

しかし前にブラックバード上でウルヴァリンが蝙蝠男と戦った時もそうでしたが、
画面が全体的に暗いのはせっかくのバトルシーンが勿体無いです。


[X-MEN 第8話 アンタ、何しに日本に来てたんだよ~!]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。