第1話 ふたり~出会わなければ~

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロミオ×ジュリエット第1話 ふたり~出会わなければ~を観ました(^^)
今期から始まるアニメの中で「ハヤテのごとく!」に次いで大注目していたアニメです。まぁハヤテは私、原作漫画が好きなので別格なのですが(^^;
ロミオ×ジュリエット0101
原作は言わずと知れたシェイクスピア。それを元にどこまでオリジナルに行くのかと思ったら舞台は何と天空浮遊大陸ネオヴェローナ!読んで字の如く空飛ぶ島です。
これは初めから驚かされました!良いですね~最初から飛ばしてくれます(笑)。

ロミオ×ジュリエット0102ロミオ×ジュリエット0103
物語は序盤、ヒロインであるジュリエットの両親、それに一族などがロミオの父親が起こしたクーデターで皆殺しにされる中、残った家臣たちに連れられて城から脱出する所から始まります。

そして14年後・・・

ロミオ×ジュリエット0104
お姫様は王子様になってしまいました。それ何て少女革命?(笑)

街で無罪?の少女が処刑されそうな所に赤い彗星・・・じゃなくて赤い疾風として颯爽と登場!少女を助け、役人を傷つけず倒して逃走します!。おーカッコイイ!と普通は思うのかも知れませんが私はただただ驚きました・・。

いやだって、これで少女は本当に救われたのでしょうか?
この後また捕まって処刑されてしまうだけでしょう。これはちょっと助けに入ったジュリエットは無責任・・では無くて、シナリオライターさん無責任すぎませんか?

私はてっきりこの後、この少女とそのお母さんにお金を渡して「これでこの空島から逃げなさい・・」的なイベントでもあるのかと思いました。でもこの時代、今では考えられない法律が普通にある事のでこれでこの少女が助かった可能性も否定は出来ません。と言うのも中性の時代だと、
処刑時間に死刑に出来なかったのは神が死刑を望まなかったからなので無罪である。
とか。結構「ありえない!」と思える法律が普通にあるのです。

ロミオ×ジュリエット0105ロミオ×ジュリエット0106
そして兵士からの逃走中、無駄に知り合いを逃走に巻き込むという意味不明な行動に私が絶句してる中ジュリエットは崖から落ち、それを天馬で助けたロミオと運命的な出会いをします。ちなみにこの時、ロミオはまだ彼女が女性である事にすら気が付いていません。

その後ジュリエットは隠れ家である劇場に帰りました。

ロミオ×ジュリエット0107ロミオ×ジュリエット0108
そして劇場の友人と間違えられ貴族に連れられて仮面舞踏会に行く事になってしまうジュリエット。普通に可愛らしいのですが「私は友人ではありませんよ」とたった一言を言えば良いのに友人を置いてなぜか自分だけが舞踏会に行くというジュリエットにまた絶句。話の展開が無理やり過ぎるのはこれで三度目・・。でも大丈夫!仏の顔だって三回まではセーフですからね(^^;。

ロミオ×ジュリエット0109ロミオ×ジュリエット0110ロミオ×ジュリエット0111
そして舞踏会の最中、ロミオの父を見掛けたジュリエットは14年前のことを思い出しかけ舞踏会の会場を離れます。そして噴水で一休みすると、その姿を見掛けたロミオと再び出会うのでした。

おー・・・非常に・・・何とも言えない第1話でした!。素直にロミオがカッコイイ!とかジュリエットが可愛い!とか思えば良いのでしょうが、シナリオ展開の無茶が気になってしまうのは自分が大人になったからでしょうか?。

原作アレンジアニメだと三銃士を元にした「アニメ三銃士」や海底二万里を元にした「ふしぎの海のナディア」が有名です。この作品も原作をもとにしてるだけあって、2人が美男美女で一目で恋に落ちるなどの部分は良いのですが・・・とにかく今後に期待ですね(^^;。

ロミオ×ジュリエット公式サイト(注・トップページ音楽あり)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/11-ac8d7b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。