第2話「ミュウの船」

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・0201
前回、保安隊に処分されそうになったジュミー。
しかしリオが現れジョミーを救いました。


地球へ・・・0202
そして3Dでの空中戦!
時代の流れ、技術の進歩を感じますね(^^;

アニメでの3Dの使用は賛否両論ありますが私は苦手です。やはり日本のアニメはいつまでも2Dで行って欲しいですね。ただこの戦闘シーンに関して言えば非常に良かったです。私、エースコンバット好きですし(笑)

地球へ・・・0203
追撃してきた戦闘機はミュウの船「シャングリラ」の砲撃で撃墜されました。しかしジョミーはまだ自分の置かれた状況も理解出来ず、自分の思考に流れて来るミュウ達の思念波に驚き「僕は人間だ!」と言って拒絶してしまいます。

地球へ・・・0204
「我々ミュウがなぜこんな力を持っているのか解るかね。
欠けているんだよ、こんなふうに。」

と、映画でもあったシーン。映画では普通の手に見えた物をいきなり外したので
子供心にかなりビビッた記憶があります。

地球へ・・・0205
ミュウの事を少しだけ知る事が出来たジョミーでしたが初めの
「僕は人間だ!」発言が尾を引いてしまいケンカになってしまいます。

船長のハーレンは「我々を理解する努力をして欲しい。」と言いますが
まずジョミーに自分がミュウである事を自覚させる事が重要では?と思います。

地球へ・・・0206
そして自分をここに導いたソルジャーブルーと対面!

僕はミュウじゃない!僕を家へ帰せ!

・・・解った。行くがいい。

次回、家族や友人と再会したら誰もが自分の事を忘れていた。という展開になりそうで怖い!。

地球へ・・・

★追記
ここに映画のテーマソング「Coming Home To Terra」を今のオープニングに合わせた動画がありました。初めと最後のサビが直接繋がってるので違和感が少しありますが、やはりいい歌ですね。

ここに昔のオープニングもあります。昔だ(^^;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/13-6b25848a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
地球へ… 1 (1)不適格者と言い渡され、保安隊に囲まれたジョミー。しかし、そこにリオと名乗るミューの青年が救いに駆けつける。そして、ジョミーはアタラクシアを離れ、ミューの母船へと迎え入れられた。しかし、多くのミュー達の姿に、ジョミーは戸惑いを覚える・・・....
2007/04/17(火) 05:33:34 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
リオは操縦が巧いな~と感じたり・・・空のシーンはCGかな~と思ったり・・・でも一番魅力的だったのは・・・私もナキネズミを肩に乗せたい!人懐こそうなところがカワイイけどミュウにしか慣れないのかな..._φ(
2007/04/17(火) 08:04:03 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
ジョミー運動神経高すぎ!!( ゚ ロ ゚  )フツー自分の背より高いフェンスを飛び越えたりできませんよw * * *舞台は、今よりも遥か遠い未来。 人類は環境破壊により滅び行く地球を再生させるため、植民
2007/04/18(水) 06:33:01 | 騎士の憂鬱 ―ナイトのゆううつ―
品質評価 22 / 萌え評価 12 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 16 / お色気評価 6 / 総合評価 12レビュー数 157 件 不適格者の烙印を押され保安隊に包囲されたジョミー。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年だった。アタラクシアを離れ、ミュウの母船に導かれ
2007/09/12(水) 00:24:09 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。