X-MEN 第10話 もはやウルヴァリンで無くてもブチ切れる悪党っぷり!

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■第10話 真実

いよいよインナーサークル四天王との戦いに突入したX-MEN。

マスターマインドの口よりU-MENがインナーサークルの下部組織だった事が開かされましたが、佐々木先生が抑制剤作成の為に必要なミュータントの臓器を得る為にU-MENと結託していたとは・・・

もはやウルヴァリンで無くてもブチ切れる悪党っぷり!


この人とプロフェッサーXとの間にどんな別れがあったのかは解りませんが、他のミュータンを生贄にして我が子を守ろうと行動する前に、一言チャールズに連絡していれば一連の事件が全て防げたのではと思うと、とても擁護する気にはなれません。

xm1001.jpgxm1002.jpg
xm1003.jpgxm1004.jpg

久子の幼馴染だったタケオですが、久子の古傷が痛むのはタケオの能力に反応しているだけなのか?。それにしては引っ張りすぎな気もするので、これは久子がタケオの力に影響されて二次覚醒する伏線かも知れませんね。

一方、四天王とのバトルではウルヴァリン&ストームが針鼠男を撃破!。最後はウルヴァリンが刺されながらも針鼠男を押さえ、ストームがウルヴァリンの再生能力を期待して2人もろとも雷攻撃!。現実的に考えると雷なんて銃弾以上にスピードで回避出来る訳無いのですが、映画やアニメはこうでもしないとなかなか当たらないのがストームの活躍の機会を奪っているのでしょうね。


そして遂にタケオが登場!

xm1005.jpgxm1006.jpg
xm1007.jpgxm1008.jpg

撃たれているはずだった抑制剤が実は投与されていなかったという事でタケオ暴走!
ジーンに匹敵するオメガクラスのテレパスという事ですが、
スカーレットウィッチみたいにテレパスで世界改変をしてしまうのか。

最後の四天王は感覚を操作する能力と判明。でも直接触手で攻撃されないと効かないのか・・・
と思っていたら、早速ウルヴァリンとビーストが喰らっていてオイオイと(^^;

もう1人の液体金属野郎はどうやって倒すのだろうか?
ターミネーター2みたいな溶鉱炉は無いでしょうし、ストームが凍らせるとかかな?

今回は全体的に影の強い劇画タッチで雰囲気抜群でしたね。
マスターマインドの悪役面が良かったですわ。


トラコミュ
X-MEN マッドハウス版アニメ


にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押して欲しいかも。

X-MEN公式サイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/1337-7c515c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。