第3話 アタラクシア

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アタラクシアの実家に戻ってきたジョミーを待っていたものは・・
tl0301
もぬけの殻となっていた実家でした!
この展開は以外!ほぼ1日しか経ってませんよね?
ジョミーの育ての親という理由で後々人質として捉えたとしても家財道具まで全て無いのは何か理由があるのかなぁ。成人検査まで子供を育て終えた両親は都市のエネルギー資源として溶鉱炉に落とされるとか昔の漫画ならありえる展開で怖い!(火の鳥ならそんな展開!)

tl0302
そして次の日、当ても無いジョミーは学校へ行きクラスメートと再開します。
前回、ジョミーの知り合いは全員記憶操作でジョミーに関する記憶を消させているかと思ったのですが大丈夫でした。
それにしてもこの2人、後々三角関係に発展してジョミーと敵対しそうな予感。
「僕は友達を傷つけられない!」
「お前はミューだ!お前さえ居なければ彼女は!」
とか(笑)

tl0303
結局行く当ての無いジョミーは保安部隊に発見されてリオと共に拘束されてしまいます。
それにしても保安部隊のあのヘルメットは見え難いんじゃないかと思います。

tl0304
ミュウの船「シャングリラ」の情報を聞き出す為、ジョミーは精神分析器にかけられますがリオとソルジャーブルーの精神を感じ、ミュウとしての力が爆発!施設を破壊して脱出します。

tl0306
何も解らず叫びながら空を飛ぶジョミー!

tl0305
ジョミーの力が目覚めたのだ。僕が行く。
僕がジョミーを連れ戻す。


それにしてもTV視聴者に情報を小出しにしてワクワク感を出させる為とは言えジャミーに何も説明しないのは展開が強引過ぎる印象です。

個人的には
①シャングリラでソルジャーブルーや船長達と一緒に対面。
②ミューの事、人間の今の事、管理システムの事などを全て聞く。
③ジョミーは全てを聞いた上で「僕はお前達の言う事を信じない!僕をアタラクシに返せ!」と言う。
④「ではその目で真実を見てくるといい・・。」と言われアタラクシアに戻る。

だったら無理無くて良かったんですが(^^;。

次回は何だか宇宙まで飛んで行っちゃうみたいです(^^;
いよいよ序盤の終わりですね。

地球へ・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/17-d64a0605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アタラクシアへと帰るジョミー。「彼はそこで真実を知るだろう。 そして・・・それを受け入れる強さを持っている」感想は続きから↓↓
2007/04/22(日) 23:05:35 | 騎士の憂鬱 ―ナイトのゆううつ―
section03「アタラクシア」失われた幸せな日々…アタラクシアに戻ったジョミーが見たのは、すべての痕跡を消された無人の家。戻る家を失ったジョミーにユニバーサルの魔手が迫る時。ジョミーは覚醒の時を迎える
2007/04/24(火) 10:30:01 | SERA@らくblog
品質評価 23 / 萌え評価 9 / 燃え評価 39 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 22 / お色気評価 6 / 総合評価 21レビュー数 146 件 ソルジャーブルーの許しを得てアタラクシアに戻ったジョミー。帰宅した彼を待っていたのは、両親の居なくなった真っ暗な我が家であった。帰る場所
2007/09/08(土) 16:46:51 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。