第4楽章「ダルセーニョ 始まりの日」

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4話になってオープニングの画像が変化した今回。
なんだか製作途中のパソゲーがとうとう納期になってしまい、未完成のまま出荷して後からパッチファイルを公開したような、そんな気もしつつ・・・とにかく4話です!。

今回は時代が数年前に戻って神曲楽士の育成学校にペルセルテとプリネシカの姉妹が見学にやって来たお話です。
神曲奏界ポリフォニカ0401

と言うか姉妹!!!
全く今まで気が付きませんでした。その可能性すら考えなかった(^^;
いやだって髪の毛の色違うし・・・。

でも思い返すと先日のハヤテだって桂雪路とヒナギクは姉妹!
もちろん私は原作を読んでいるので知っていましたが、感想ブログを巡回していると結構驚いてる人も居て、そりゃ髪の色まで違うし性格も違うし驚くか・・と思っていましたが、

まさに今の俺の心境!(笑)

神曲奏界ポリフォニカ0402

話を戻して2人は学院見学の最中にお腹がへり学食でお昼を食べようとします。そこで当番制なのか授業を抜け出して学食で働いているフォロンと遭遇。

学食を落としてしまい服が汚れ、フォロンが慌てて拭こうとしたら胸だったというポロリもあるよ!的なイベントですが、正直、どうでもいいイベントです(爆)。
これがゲームだったらエンターキーを連打して早送りですよ(笑)。

この後はフォロンがお詫びに校内を案内し2人の見学は終ります。しかしホテルに帰ったペルセルテは父の形見を校内に忘れた事に気が付き、取り戻す為、夜の校内に侵入します。

プリネシカは「もう遅いよ・・」と言っていますが、

そんなレベルの話じゃないだろ!と(笑)

それにしてもアニメでは本当に夜の校内に侵入するというのが簡単に描かれていて、その例にもれず2人も難無く校内に侵入出来ます。そんな2人を見ていたら・・・

神曲奏界ポリフォニカ0403

もっと怪しい奴が夜の校内にイター!!!

どうやらフォロンは孤児のようで辛い記憶を思い返し気晴らしに歌いたくなったようですが、
夜の校内から歌声が聞こえてきたら超ビビリますよ!
その声にプリネシカが気付き2人で声の主を探しに行きます。
さすが漫画の登場人物は勇敢です!。

神曲奏界ポリフォニカ0404
一方、フォロンの歌声で校庭の石碑に封印されていた精霊が目を覚まします。そこまで歌声が届くのか疑問でしたが、先ほどの歌もプリネシカだけが気が付きペルセルテは気が付かなかったので特別な音程なのかも知れません。

それにしても封印されているからには危険な精霊だと思うのですが、それをよりにもよって神曲楽士の育成学校に封印するとはどんな意味があるのでしょうか?

これはやはり、いつか優秀な神曲楽士の卵が学院に現れて封印を解かせる為としか思えません。誰が封印したかなども含めて今後語られる機会があれば良いのですが、制作側が何も考えずこんなストーリーにした匂いもプンプンします(爆)

神曲奏界ポリフォニカ0405

暴走した精霊を沈める為、フォロンは孤児院時代のトラウマを克服して神曲を奏でます。

やはり歌では無く曲ですか!
最高のオペラ歌手が最高のピアニストになれるものなのか!

と、以前も思いましたが

奏でよ魂の形なので、ピアノの上手い下手は魂の形を奏でるのとは実は関係無いような気もしてきました。

神曲奏界ポリフォニカ0406
そして精霊の暴走は止まり、実はこの精霊こそが少年時代にフォロンが契約したコーティカルテでしたというオチ。(オチでは無くバレバレでしたが)

偶然では片付けられないあまりにも必然的な再会!。運命と言ってしまえばそれまでですが、この再会は誰かによって作られた必然だったというストーリー展開になって欲しいですね。

あ、それとツゲさん。双子に「ふたごちゃん」って呼び方は明らかに人格を無視した用語ですよ!。ツゲさんって今のところ毎回ストーリーの最後に登場して何か発言してるんですが、それで物語がシメられた試しが無いのですが・・。

それと今回の話はYahoo!コミックでも読む事が出来ます。
展開は一緒ですがツゲさんが精霊を呼ぶシーンなどもあり面白いですよ。

神曲奏界ポリフォニカ
TBS神曲奏界ポリフォニカ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/22-331fc2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ノベル版ポリフォニカシリーズでは監修者的な立場と言えば良いのか、日高真紅の脚本回。キネティックノベル(PC/PS2)の第1話に相当する、フォロンの学生時代のお話。基本はそれをなぞり、多少のアレンジを加えている程度
2007/04/26(木) 20:44:43 | Cross Channel
第4楽章「ダルセーニョ 始まりの日」3年前、トルバス神曲学院。学院を見学に来た双子は、学生のフォロンに出会った。フォロンは、コーティとの契約も忘れ過ごしていたが…原作小説では省かれてるコーティとフ
2007/04/30(月) 20:40:09 | SERA@らくblog
品質評価 38 / 萌え評価 41 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 20 / お色気評価 15 / 総合評価 20レビュー数 39 件  舞台は3年前のトルバス神曲学院――憧れの学院へ見学にやってきた、ペルセルテとプリネシカ姉妹。そこでふたりは、フォロンという学生に出会う
2007/10/13(土) 02:44:02 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。