SCENE04「クレアの覚醒」

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、クレアが兵士を庇い妖魔に串刺しにされた所で終わってしまった為、今回が非常に気になっていたクレイモア4話ですが、兵士の増援が現れて妖魔は暗闇の中に逃走してしまいました。

重症を負ったクレアをシドは見捨てようとします。
「ほっときゃいいじゃないか、そんな化け物!」

クレアが半妖だろうと命の恩人になんだこの外道は!

と怒り心頭でしたがガークは

「命を救われた。借りは返す。」
と言ってクレアをヴィンセント司祭の部屋に運びました。

クレイモア0401

知らせを受け急いで現れたラキに対し、ここでも外道シドの口は止まりません。
「妖魔と半人半妖が勝手に殺し合っただけだ。
俺らが騒ぐ事じゃ無いんだよ。」


いやアンタ、自分が警備の兵士だという事を忘れてやいませんか?
連続殺人の妖魔を倒せなかったばかりかクレアに守ってもらったんですよ?


しかしその瞬間、ラキが外道シドに鉄拳制裁を加えます!
よくやった!ついでにラキさん。
俺の分もう一発、コイツを殴ってくれませんか?

しかし悲しいかなラキはまだ貧弱少年なので外道シドに殴り返されてしまいます(^^;。

そんな事があった2日後、クレアは目を覚ましました。
クレイモア0402
そして犯人を教会内の人物と定め、被害をこれ以上拡大させない為にヴィンセント司祭協力のもと妖魔あらためを強行します。しかし全員が人間。妖魔は居ませんでした。

それにしてもこの時点で銀眼の魔女が聖都にいる事実を多くの人に知られてしまった事になる訳ですが大丈夫なんでしょうか?。まあヴィンセント司祭が「私が全ての責任を取ります」とか言ってるのかも知れませんが。

結局妖魔は地下のミイラの中に潜んでいました。
クレイモア0403
持ち運んでいた石造の中からクレイモアを取り出したクレアはガークとシドと協力し・・と言うかガークは盾にしかならなかったのですが(^^;、とにかく妖魔を倒します。

ちなみに外道シドは盾にすらなれず足手まといでした。だいたいコイツのナイフは何の役にも立って無いですし、遠距離攻撃しかしない所がコイツらしい。

妖魔は倒しましたがクレアの身に異変が生じます!。
クレイモア0404
「ダメージを受けた状態で妖力を使い過ぎた。もう力の暴走を止められない。だから人である内に自らこの命を絶つ。お別れだ。」

この言葉にラキはクレアに抱き付き語り掛けます。
クレアが自分を救ってくれた事、そしてクレアの優しさを。

「クレアが死ぬんだったら俺も一緒に逝くよ!」
クレイモア0405
この言葉にクレアの精神は覚醒します。
多分、タイトルの覚醒ってこの場面の意味ですよね?
妖力の暴走を抑え、再び人間の意識を取り戻しました!

それにしても感動的な場面なんでしょうが、あまりにも予想内な展開な為、あまり感動出来ませんでした(^^;。

クレイモア0406

そしてエピローグ。ヴィンセント司祭とカーグ、外道シドに見送られて聖都を後にします。

別れ際に外道シドは、
「おいガキ!、強くなれよ。
   クレアを支えてやれるくらいに!、
         お前が強くなって見せろ!」


エー!何だコイツ!?
散々外道発言を連発し、戦闘では役立たずだった分際で、
最後の最後で良い人発言って何言ってんのコイツ!


たいたい強くなれってのはお前の事だろうが!

クレイモア公式サイト
日本テレビ・クレイモア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/23-5c783a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 面白いです(原作は未読です)。 何気に、今期のアニメで、オレ的ランキングで上位に食い込んでいます。 最近、クレアタソがカッコイイ&カワエエと感じて来ています。 ……クレアタソ、良く観たら金髪×黒ニーソ
2007/04/27(金) 05:32:22 | 少年カルコグラフィー
第4話『クレアの覚醒』 キャラクター クレア ラキ シド(チビ兵士)ガーク(デカ兵士)( ゚∀゚)o彡°覚醒!覚醒!
2007/04/27(金) 20:18:27 | てぃるみっとのまったり時々毒舌生活
品質評価 22 / 萌え評価 12 / 燃え評価 72 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 54 / お色気評価 8 / 総合評価 32レビュー数 48 件 大聖堂内での妖魔の猛攻に、クレアは防ぐことしかできない。騒ぎを聞きつけて大勢の兵士が到着したため、妖魔は姿を消したが、深手を負ったクレ
2007/10/04(木) 22:56:46 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。