第六話「お嬢さんお手やわらかに」

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突如、季節はお正月!
夏休みが終ったばかりのハズが・・と思っていたら子供の頃の回想でした。
子供の頃の永澄と巡が2人で警察カルタ?取りをしています。
瀬戸の花嫁0601
「永澄バリアー!」
「ずるい!」

うわぁ、ヤラレタ!
これは凄い演出ですよ!(^^)

いやだって私が子供だったら真似してやっちゃうかも知れませんよ!
「○○バリアー!」とかって皆さんも子供の頃に1回はやってませんか?
何気ないシーンですが、いかにも子供らしいこの演出は良い仕事してますね~(笑)

そしてアバンも終わり本編へ。
巡は永澄は幼馴染でした。しかし突然、永澄の隣にサンが現れ、永澄が友人以上にサンと親しくしている姿を見て、巡はそれまで感じた事の無い複雑な気持ちを抱きます。

甘ま~い!(笑)あまりにもお約束!
友人同士だった異性の幼馴染が嫉妬心を始めて感じるというべッタベタな展開!


だがそれがいい!
ただこれも演出次第で「またかよ」みたいな評価に変わる事もあるのですが、この瀬戸の花嫁は巡という個性的なキャラクターに加え、なによりこのアニメが非常にテンポ良く作られているので、見ていて退屈しません。

瀬戸の花嫁0602
そしてさらにお約束通り、次の日にはサンが永澄家で同居している事も知られてしまいました(笑)。

瀬戸の花嫁0603
教室で巡に取調べを受ける永澄。
取調べでの定番?カツ丼を出され、それをたいらげるとアッサリと同居の事実を自供してしまいます(笑)

恐るべしカツ丼の魔力!、と言うかこの流れも面白過ぎです!(^^)

瀬戸の花嫁0604
同居の事実発覚により今度はサンに皆の注目が集まります。
そして委員長が花瓶を運んでいる時に足がつまづき、花瓶の水がサンにかかって人魚の尾ビレに戻った所を一瞬ですが、巡に見られてしまいました。

瀬戸の花嫁0605

そして真偽を確かめるべく、巡の水かけ作戦が繰り返されます!しかしそれも全て永澄がガードしてサンを守ります。
例えそこが女子トイレの中であっても!(笑)

巡、これじゃあ逆に2人の仲を進展させてるだけだぞ!

そして巡のやり過ぎる行動に、永澄も遂に巡を怒りました。
瀬戸の花嫁0606
「サンちゃんが何かしたのかよ!
俺の知ってるお前はこんな事する奴じゃ無かったよ!」


「ずるい!、そんなのずるいよ!」

いや~ホントにベタなシーンなんですが良いですね~(^^)
サンを守ろうとする永澄のセリフはもちろん当然ですが、

巡の、永澄への友情以上でありながら、恋愛未満で今言える
最大のセリフとして「ずるい!」という言い回しは素晴らしいです!

瀬戸の花嫁0607
そして巡は2人の前から走り去ろうとしますが、慌てて路上に飛び出してしまい車に引かれそうになります。サンは正体がバレる事を覚悟しても人魚技、ハウリングボイスで2人を助けました。

車の運転手は何も悪くないのに可哀相ですが(^^;。

瀬戸の花嫁0608

そして仲直りする2人。

今回もいいストーリーですね☆。
ラブコメの王道をベタベタに行きながらラブとコメがどちらも非常にしっかり作られていて面白いです。瀬戸内にいた2話と3話の時にはどうなる事かと思いましたが埼玉へ来てからは俄然、面白くなって来ましたね。次回も新キャラが登場で、これまた楽しみ(^^)

←やる気が出るのでポチっと押してです。

瀬戸の花嫁アニメオフィシャルサイト
ガンガンウイングオフィシャルサイト
音泉で毎週金曜に配信中!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/33-f4c6cbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「第6話「お嬢さんお手やわらかに」」「ちょっと、巡(まわり)が普通にカワエエんですけど!」「従来の森永キャラとは別ベクトルのキャラですなぁ」 今回は、巡が燦ちゃんの正体を勘繰って探るお話。 結果
2007/05/07(月) 22:58:41 | 少年カルコグラフィー
巡vs燦(?)――それは刑事と任侠の運命の対決!?永澄の幼馴染の巡は、子供のころから父のような警視総監になると決めていた。江戸時代からの刑事の家系だけに、勘の鋭い巡は、燦の秘密に感づき捜査を開始…巡メイン
2007/05/07(月) 23:55:18 | SERA@らくblog
燦の秘密を探る、銭形巡のお当番回。永澄の幼なじみポジションに位置しながらも、警視総監の娘として風紀委員としての巡の立ち振る舞いが絶妙。やはり永澄の事が好きなようだが、その事実を自ら認めたくないような微妙な乙女心も見
2007/05/08(火) 20:30:04 | Cross Channel
瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)小さい頃からずっと仲良しだった、永澄巡。だが、燦が現われてから永澄は彼女にベッタリだ。そんな二人を見ていると、モヤモヤしたものを感じてしまう巡だが、ついに決定的な場面を目撃してしまう・・・。
2007/05/15(火) 18:09:41 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。