ヴァンパイア騎士 第12話 壱縷と零、2人の確執を理解出来た気がします。

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■第12話 純血の誓い ~プライド~

零を救う為、自らを閑に捧げる事を決意した優姫!

枢に告げられ、その後を追うへタレな零!

そんな零を怒髪天突く勢いで見送った枢!

(↑前回の感想記事より・・・)

いろいろとクライマックス寸前です(^^;
前回の枢は優姫を狙う閑では無く、零に怒っていたのではないかと思い始めました。


さて本編の方ですが、アバンで早速、紅まり亜が優姫の血を吸おうとするシーンから始まりました。そして零をレベルEに落さない方法ですが・・・

vn1201.jpgvn1202.jpg
vn1203.jpgvn1204.jpg

「あの子が・・・私の血を飲めば良いの。」

あーなるほどね(^^)、私はてっきり、そんな方法は実は無くて嘘を言っているのでは?
と勘ぐっていたのですが、これは何だか下克上的な意味合いも兼ねて凄く納得出来ます。
自分をヴァンパイアにした者を倒す事で、その呪われた運命に打ち勝つという感じですね(^^)

そして本体の閑が登場!
どうしてワザワザ本体に戻るのか一瞬疑問でしたが、今の体は借り物の擬体ですから、本体で血を吸わないと栄養補給とか、僕にするとかいった事が出来いからなのでしょうね。

ただ・・・紅まり亜として通していた今までの事が
段々意味を無くしていってるような気が・・・(^^;

それはそれとして、借り物の体であった紅まの亜、本人の設定も気になりますね。
閑の血筋の者という紹介でしたが、今後は彼女個人として行動するのか楽しみです(^^)


一方、舞踏会の片隅では・・・

vn1205.jpgvn1206.jpg
vn1207.jpgvn1208.jpg

「私は・・・枢様としか踊らないわ・・・。」


オレンジ・・・じゃなくて、暁の恋散る!!


うぉぉぉおおお!!!、なんかチョッと切ねー!・゚・(⊃д`゚。)・゚・
今まで何度と無く、枢に相手にされず落ち込んでいた瑠佳を無言で支えていた暁でしたが、
今回の暁の行動は思わず応援したくなっちゃいましたよ。

これ以上悲しむ瑠佳を見ていたくないという焦燥感か、それとも一歩を踏み出さなければ何も進展しないという結論に達したのか・・・結局、全ての答えは瑠佳の顔に出ていた訳ですし、誰を選ぶかは当然瑠佳の自由なのですが、その相手が自分の上に位置する真祖のヴァンパイア、枢であるという事が、悲壮感漂います。

このシーン、2人とも無言なのですが、それがまた雰囲気を盛り上げていますね。
そして最後に自傷気味に苦笑して立ち去る暁がGoodでした(^^)



そして場面は変わり本体へ戻った閑が優姫の首にその牙を立てようとしますが・・・

vn1209.jpgvn1210.jpg
vn1211.jpgvn1212.jpg

「優姫から離れろ!・・・閑!!」

キタキタキタァァァアアア!!!ヽ(≧Д≦)ノ

という事で零が登場!どんだけナイスタイミングなんですか!?(笑)
どちらかと言うと少年漫画的なタイミングの登場に少し驚きました。
この物語なら、優姫も血を吸われてしまう展開もアリかと思っていたもので・・・(^^;


そして零は閑を倒して血を吸えば良いと宣言!


まさに正論!!!


実際、私も閑が「自分の血を零が吸えば良い」と言った直後に
「じゃあ倒せば良いじゃん」と思いました(^^;。

そしてこのままバトルアニメに突入するのかと思いきや、

vn1213.jpgvn1214.jpg


「本来の体に戻ったからこそ、

私の声はお前を縛る力となるのだ。」



自分をヴァンパイアにした主には逆らえないというギアスが発動!
これまたヴァンパイアの設定としてはポピュラーな能力ですが、
「倒せば良い」⇒「でも服従するしかない」というこのジレンマ!
このストーリーの流れが凄く良いですね(^^)

そして今度は閑に絶対服従中の零に捕まる優姫!しかし・・・

vn1215.jpgvn1216.jpg

「奪うな・・・もう俺から何も!!」

零が自分の足を打って正気を取り戻したよ!!(゚Д゚;)

なんという超王道展開!



ヴァンパイア物語が好きな自分としては、それで呪縛が解けるのは少し拍子抜けのような気もするのですが、ここは零の優姫への思いが閑の呪縛に打ち勝った事を素直に称えましょう(笑)


そして対ヴァンパイア用の銃に撃たれて直、戦闘可能の閑もビックリ!
撃たれた所で終わりかと思ったのですが、さすが真祖のヴァンパイアという感じですね。


そして遂に因縁の兄弟対決が来る!

そう言えば以前の記事で

「戦闘中に互いがモミクチャになり、
優姫がどっちが本物の零か解らなくなるような面白展開が来たりして(笑)」

と書きましたが、さすがにそんな展開は用意されていませんでした。残念(^^;

vn1217.jpgvn1218.jpg
vn1219.jpgvn1220.jpg

そして壱縷はヴァンパイア化しておらず、閑から血を貰った事で健康体になっていた事が判明!!


「閑様が選んだのはお前だった!!
こんなに側に居ても、閑様は俺を見てくれない・・・
誰より・・・側に居ても・・・。」


あーこれはヤバイ・・・少し理解してしまった自分が居ます(^^;

今までは、閑が気に掛けているのが零なので単純な嫉妬心という、これまたよくある展開だと思っていましたが、さらに自分の僕として眷属に加えたのが零だけだったという決定的な事実!

精神的な愛情の差は、目には見えませんから「頑張ればいつか俺を見てくれる!」と思い続ける事が出来るかも知れませんが、閑が血を吸ったのは零だけだったという物理的な差・・・この溝は心だけではどうにも埋めようも無いですね。

これは少しですが壱縷の苦悩も理解出来てしまいました。設定が上手いですね(^^)


そして壱縷に任せ、場を退いた閑でしたが・・・

vn1221.jpgvn1222.jpg


アッサリ枢に心臓取られて殺された━━Σ(゚Д。ノ)ノ━━━!?


だから展開、速いって!(^^;

零が優姫を守る為に閑の呪縛を破れるとまで計算していた訳ではないでしょうが、それでも優姫だけは守ってくれると信頼していたからこそ、この部屋で待ち伏せしていられたのでしょうね。

vn1223.jpgvn1224.jpg

「貴方が本当に憎んでいた者を、僕が必ず滅ぼしましょう。
僕たち純血種の運命を狂わせた者を・・・。」



そして新たな敵現る!って・・・

これなんて少年漫画!?(゚Д゚;)


なんだか今回は王道的な展開のオンパレードですね(^^)

2人とも、初めから互いの力を取り込もうとしていたという事か。

閑が枢の命ではなく優姫自身でも良いと言ったのは、零を苦しめて楽しむ為ではなく、優姫の前でだけ隙を見せる枢を優姫を使って殺す為だったのかも知れませんね。もしかしたら僕にしてしまえば紅まり亜と同じように、体を乗っ取る事だって出来たのかも知れません。

それにしてもこの枢と閑のシーンだけ作画が妙に違うのですが、誰か別の人に依頼したのかも知れませんね。スタッフのこのシーンに対する意気込みが伝わって来ました。



一方、閑を心配して壱縷は退散。残された二人ですが・・・

vn1225.jpg

零が優姫を抱き締めたー!Σ(゚д゚lll)


今度こそ来るだろ!常考!!と、思わず興奮と期待が高鳴るシーンでしたが、


「何で俺の事なんか・・・」

この期に及んで、こんな言葉しかYOUは出ないのかYO!Σ(*`Д´*)ノノ

まぁ、いかにもへタレな零らしい所(ではありますが(笑)

そして・・・

vn1226.jpg


「優姫が無事で良かった・・・。」

もういいかげん、頼むから告ってくれYO!(^^;


あくまでも恋愛路線にしない所がこの物語の良い所だとは解っていますけどね(苦笑)

それにしても

壱縷  ⇒閑   ⇒  零?
零   ⇒優姫  ⇒  枢?
暁   ⇒瑠佳  ⇒  枢

男三人共が恋敵に対し、恋愛感情と共に血の差で劣等感を感じている所が面白いですね。
昔なら身分の差に置き換える事が出来ますが、そうした決定的な差をどう乗り越えて行くのかも面白い所です。

この物語が恋愛面において、そうした障害を乗り越えていく作品かどうかは不明ですが(^^;

そして物語は最終回へ。

vn1227.jpgvn1228.jpg

閑の死を知った壱縷は暴走しそうな予感がしますね(^^;
零がそれを救う事が・・・出来なさそうで心配です(苦笑)

一方、1人残された優姫の前に、唐突に暁が登場!
これがいったい何の意味があるのか全く解りません・・・というか、意味など無いのでは?



そして今回、理事長が気になる事を言っていました。

vn1229.jpgvn1230.jpg

「優姫も、錐生くんも・・・ヴァンパイアじゃない。」

なんでココで零と一緒に優姫の名前が出てくるんですか!?

コレは伏線か!。優姫は実はヴァンパイアだったとかな超展開が来るのか!?
枢の言っていた「純血の血を狂わせた者」の関係者とかか?

もしそうなら枢が優姫を大切にする理由も納得出来そうですが・・・。
でも優姫がヴァンパイアだとしても今まで血を吸わなくても良かったのだろうか?
んー・・・やっぱり優姫と同室の女の子が怪しく思えて来ました(^^;


いよいよ次回最終回、どんな終わりを迎えるのか楽しみです。
原作はまだ続いているようですが、この物語はアニメ2期を期待したいですね(^^)


トラコミュ
ヴァンパイア騎士


にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆

ヴァンパイア騎士 公式サイト
ヴァンパイア騎士 公式ブログ
テレビ東京 ヴァンパイア騎士 公式サイト
白泉社 ヴァンパイア騎士 公式サイト



前回の記事でweb拍手を押してくれた方、ありがとう御座いました(^^)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/438-f924524d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
閑の復活って話でした。
2008/06/29(日) 15:29:14 | 日記・・・かも
「プライド」ヴァンパイア騎士第12話
2008/06/29(日) 15:32:10 | 悪のめいどブログ
まり亜は緋桜閑本体へと姿を変えて優姫に牙を向ける、そこへ零が現われて・・・ 精神の転移はあんなに簡単にできたのか、零が助かる条件も閑...
2008/06/29(日) 15:39:27 | ムメイサの隠れ家
 まり亜は何だか嫌な子でしたが、閑は好きです。特に閑と枢の2人のシーンは良かったです。展開早すぎるのは次で一旦終わりだから?   絵が・・・また適当・・・。キャラによって崩れ方に差がありますけど、時々描き込みの少ないのがありますね。
2008/06/29(日) 15:44:02 | つれづれ
紅まり亜の前にやってきた黒主優姫は錐生零を救う為に自らを差し出す。 「ゼロを救う方法は簡単よ。  あの子が、私の血を飲めばいいの」 錐生壱縷の運んできた本当の緋桜閑の身体。 精神を本来の肉体に返したことで、まり亜は意識を失い倒れ
2008/06/29(日) 18:49:02 | 無限回廊幻想記譚
純血種の血。
2008/06/29(日) 19:24:53 | ミナモノカガミ
「ふふふふふ~♪あはははは~♪」 一条先輩ってホント呑気でイイキャラだ。  ↓  ↓
2008/06/29(日) 19:46:47 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
「純潔の誓い」 自らを捧げ、零を助けて欲しい、と訴える優姫。真の身体、そして、その血を零に与えればレベルEに堕ちずに済む、と言う閑...
2008/06/29(日) 20:58:38 | 新・たこの感想文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。