魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ 第7話 山吹ひより「豪太くん」へ変化

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■第7話 岐路

黒田浩二が魔法研修のリタイアを緑川豪太に連絡してきた前回でしたが、
それくらいの連絡を取り合うほど2人が友達になっていた事に実は素で驚きました(^^;

mt0701.jpgmt0702.jpg
mt0703.jpgmt0704.jpg

理由は依頼人との意思疎通が上手く行かず、それによる失敗でのフラストレーション。
それと魔法を使う事の理想と現実のギャップでしょうか。

ただ最初の依頼で謝るのはどうだろうか?と思ってしまった。話だけ聞くと依頼内容の説明ミスなので、あれをこちらのミスだと謝ってしまうと、過失だと言われて依頼料が貰えなかったり、損害賠償を請求されかねないと思えるのだが。個人的には全部ひっくるめて研修指導員のミスに思える。

気分転換にか浅葱ほのみを誘い、中野を散策するも愚痴は聞いてもらえず喧嘩別れ。
愚痴を言いたいなら人選を間違っていた気がしないでもないが、
彼がほのみに気があるのなら仕方ないか(笑)
 
mt0705.jpgmt0706.jpg


一方、主人公のソラは風邪でダウン。
環境の変化が疲れになって出たのか、それとも生理痛かは不明。
後者でないなら、あまり紛らわしいセリフを言わんで下さい(苦笑)

mt0707.jpgmt0708.jpg
mt0709.jpgmt0710.jpg

そして研修を辞めようとする黒田浩二でしたが、研修指導員に止められ天岩戸の引きこもりへ。

結局気になって来た浅葱ほのみの啖呵を見ていたら、
唐突に惣流・アスカ・ラングレーを思い出してしまった(苦笑)

黒田浩二はどうやらこれで復活する様子。
彼にはシンジ君のあだ名をあげましょう。もちろん拒否権はありません(キッパリ)

mt0711.jpgmt0712.jpg

意外はむしろ「山吹ひより」の方で、ソラが風邪を引いた為、
緑川豪太と2人で黒田浩二の様子を見に行く事になった時の表情には驚きました。

そしてラストでは呼び方も最初は「緑川くん」だったのに2度目は「豪太くん」へと変化(笑)
普段はノンビリキャラの山吹ひよりですが、やる時はヤル!という意外な一面を見ました(^^)

青春ラブストーリーの様相もし始めましたが、主人公ソラだけが蚊帳の外です。
第1話で親友がソラにも恋愛をするようメールに書いていましたが、
公式サイトの男性キャラは黒田と豪太しか居ないので、どっちに転んでもトライアングラー♪

あ、公式サイトに男ならもう1人「原誠一郎」も居たか(マテ)



トラコミュ
魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~


トラコミュ
魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~


にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ オフィシャルページ
株式会社 ハルフィルムメーカー


これを書いている間、外では雷が凄かったです。by神奈川
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/497-61fa44ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魔法遣いに大切なこと~夏のソラ 第7話「岐路」の感想です。
2008/08/21(木) 21:18:29 | あららニッキ
キャラの使いどころが上手いなぁと思ったり
2008/08/21(木) 21:57:40 | もす。
魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~ 第7話感想です。 黒田浩二の運命やいかに?
2008/08/21(木) 22:59:07 | 紅蓮の煌き 
人生の岐路(分かれ道)に立つ黒田。岐路の意味はさすがに知っていると思うけど一応意味書きました。黒田も意外に脆い人なんだなぁ。
2008/08/21(木) 23:04:32 | Shooting Stars☆
第7話「岐路」魔法行動に自信があった浩二だったが、実際の研修では依頼人とうまくコミュニケーションがとれず失敗の連続。そして、その失敗を素直に受け入れられずにいた。自らの中に大きく膨らんでしまった大きな選択・・・。ほのみを誘い、束の間中野散策に興じるが、...
2008/08/22(金) 06:46:17 | 日々“是”精進!
魔法を依頼する人は、身勝手な人が多いですね。そんな我侭に付き合っている魔法使いには忍耐が必要ですね。
2008/08/22(金) 22:36:42 | ゼロから
 優等生・黒田浩二の憂鬱。  前の話では、出来損ないと思っている豪太の憂鬱だったけど、今度は優等生としての悩み。優等生なだけに、完璧を求めてしまう。とにかく誉められる以外に考えられない。  それが不条理であったなら、なおさら。豪太のときもそうだったけど...
2008/08/22(金) 23:30:52 | 所詮、すべては戯言なんだよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。