ネオアンジェリークAbyss 2期 第13話 別れ・・・アンジェ女王へ!

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■2期 第13話 永遠のアルカディア


前回ラストにあった、ジェットの壮絶な爆発ダイブの衝撃さめやらぬまま、
遂に今回で最終回を迎えたネオ・アンジェリークAbyss。

今回はOPもカットで最終回らしい幕開けでスタートしました。


na2601.jpgna2602.jpg
na2603.jpgna2604.jpg

そしてラストステージは陽だまり邸!

星の船に乗って辿り着いた先は、エレボスの望む荒廃したアルカディアの未来の姿。てっきりそのまま聖地へ向かい、聖地でエレボスが待ち構えているかと思ったのですが、星の船でどうやってこの世界に来れるのかは不明ですね(^^;

とりあえず初っ端からキャラ作画が良くて、最終回の為に力を温存していた事が伺えて安心(笑)

最後は陽だまり邸に戻ってくるというシナリオも、
「皆の大切な居場所だった」というシリーズを通した思い出が良いですね(^^)



そして一期最終話を思い出させる炎によって、皆はバラバラになる事に。

na2605.jpgna2606.jpg
na2607.jpgna2608.jpg

そしてアンジェの前には二クスが登場!

「ようこそ陽だまり邸へ。」とか「このままのここに残れば皆で暮らせるのですよ。」とか、表面上は心穏やかに決めてますが、前回爆弾テロまで仕掛けたのに失敗しているので、エレボスの内心は滝汗のような気がしてなりません(^^;

「こんな!、偽りな陽だまり邸はいりません!」

という訳でドラクエのラスボスを思わせる最後の交渉も決裂・・・って、そりゃそうだ(^^;
ここでアンジェが大切なペンダントを握るなど、細かい演出も良いですね。



一方、バラバラになった男達の前には、エレボスに取り込まれたかつて女王の卵達の魂が、アンジェに化けて迫ってきました。個人的にはこの偽アンジェが、オーブハンター3人に告白して来るのかと思い期待していたのですが、単なる泣き落としだったのは残念です(^^;


na2609.jpgna2610.jpg
na2611.jpgna2612.jpg

「それがアンジェの願い。

その願いを叶える為に俺たちはここまで来た。」


という訳で、さすがにここまで来てアンジェの偽物に心動かされるオーブハンターが居る訳も無く、アッサリと偽物だと見破った3人でした。それにしてもヒュウガが偽物を見下げる目付きは、きっとM属性の人にはたまらなかった事でしょう(オイ)。

ちなみに誰とは言いませんが約1名、赤毛の男がここでへタレを見せるのでは?と思い、
内心ワクワク・・・じゃなくて、ハラハラして見守っていたのですが、
そんな事にならず残念・・・じゃなくて、安心しました(^^; レインも精神的に成長したものだ(笑)


そして全てが失敗に終わった事を悟ったエレボスによって幻覚は解かれ、ラストステージへ!
やる事成す事失敗に終ってる割に、演出はいちいちカッコイイなエレボスは(笑)

na2613.jpgna2614.jpg
na2615.jpgna2616.jpg

「さぁ踊りなさい。マドモアゼル。」

二クスのムチ打ちキター!Σ(●゚∀゚●)


・・・って、別にこのシーンで興奮したりしませんが(爆)、
あのムチってジンクスを切断出来るほどの切れ味があったのに大丈夫か?アンジェは(笑)

エレボスに抵抗している二クスの魂がムチの威力を抑えているか、
そうでなければエレボスが、ラスボスらしく余裕ぶっこいて手を抜いているのでしょう。
・・・って、ここまで来られて余裕もあったものじゃ無いとは思いますが(^^;

きっと、アンジェは常に意識せず女王オーラで身を守っているのでしょうね(^^)


そしてオーブハンター大集合!

na2617.jpgna2618.jpg

皆で二クスの心に向かって熱い友情の言葉を投げかけた結果、
驚いた事に、このラスボス戦で戦う前から二クスはその心を取り戻し掛けました!

「あなた方は、仲間と呼んでくれるのですか・・・。」


さらにアンジェが駄目押しで、ここまで大切に持って来ていた二クスの髪留めリボン?を見せる事で、二クスの魂は戦わずしてエレボスから解放されるかに思えたのですが・・・

なんとこの期に及んで、最後の最後にアンジェがやってくれちゃいました!(^^;


「美しいアルカディアは私が守ります!」

「美しい・・・アルカディア・・・。」

na2619.jpgna2620.jpg

「アルカディアなど! 滅びてしまえば良い!」


アンジェがエレボスのNGワードを踏んだー!(゚Д゚;)


一応説明すると、エレボスの中にはアルカディアの人々に絶望した女王の卵の魂が居る訳で、その彼女達はアルカディアの人々の恨みを持っているのですから、それに対し今のアルカディアが「美しい」と言ったアンジェのセリフは失敗かも知れません。

もっともこのまま説得だけでエレボスを浄化出来たら大団円ですが、それでは最終回が余りにも盛り上がりに欠けるので最終対決に突入するのはシナリオ構成から見ても当然だと思います。

が・・・まさかアンジェのセリフが引き金となってラストバトルが起こるとは思わなんだぜ(笑)



とにもかくにも、今度こそ最終戦に突入です!

na2621.jpgna2622.jpg
na2623.jpgna2624.jpg

「これ以上、あなたの好きにはさせません。」


二クスの精神体がエレボスを止めたー!!(^^)

これは実際は精神体が抜き出ている訳ではなく、あくまでアニメ的解り易さの演出かな?
でも今までのように、エレボスと二クスが1つの体でせめぎ合っているよりもカッコイイですね。

ですがアンジェは最終的にエレボスをどうやって止めるのかと思ってたのですが・・・

アンジェが二クスの体を刺したー!!(゚Д゚;)


いや、これは素でビックリしたよ!
「うわぁ!さっぱ刺すんだ!」とか思ったよ!(笑)

ですが刺した瞬間に二クスの体内からエレボスが離れたので、
多分ですがアンジェの浄化の力が剣を通して二クスの体内に入り
中のエレボスを追い払う事が出来たのでしょう。


na2625.jpgna2626.jpg
na2627.jpgna2628.jpg


「浄化の光よ・・・皆に、あたたかい祝福を。」

エレボスは滅び去り、魂を操られていた?女王の卵達の魂も元の心美しい姿に戻りました。

実際の所、これで彼女たちの心の闇が取り除かれたのか疑問の余地は残りますが、アンジェは人々から蔑まれてなおアルカディアの為に女王になる決意をしたので、その浄化の光を浴びた彼女たちにも、その心優しい思い、それと同じぐらいの心の強さが伝わって、理解してくれたのだと勝手に美しく解釈したいと思います(笑)

それにしても操られていた女王の卵の魂が3人だったのは、
オーブハンターそれぞれに一体ずつ向ける為の頭数だったんですね(^^;



そして死の間際に正気を取り戻した二クスですが・・・

na2629.jpgna2630.jpg

「生きて下さい、二クスさん。」

アンジェによって、長きに渡ったエレボスの呪縛から遂に解放されたのでした。


・・・って、二クス消えちゃったよ!∑( ̄□ ̄ )

え?、え?、え?、やっぱり消滅しちゃうの?と、焦っちゃったじゃないですか!(^^;
アンジェは「二クスさんは大丈夫。」と言いましたが、じゃあ皆と一緒に帰れば良いじゃないかー。
どう観てもこれはそのまま二クスが天へ召される演出です(笑)



そして物語は遂にクライマックスへ!
ようやくエルヴィンが正体を現し、周囲は異次元空間に!

na2631.jpgna2632.jpg
na2633.jpgna2634.jpg

「私は、この宇宙に存在する万物の意識の集合体。」

神様ではなく意識の集合体とは凄い(^^;

「エヴァンゲリオン」や最近だと「ギアス」に「ローゼンメイデン」などでも、人の意識が意識世界で集まっているという設定が好んで使われていますが、これはファンタジー世界よりもどちらかというとSFの設定なので、まさかここに来て神様ではなく意識の集合体がアンジェを待っていようとは思わなかったです(笑)

ですがこれで今の今まで不満だった女王システムが説明出来ました。

万物の意識の集合体と言っているので、人間だけでなくアルカディア全ての生物や精霊の意識も束ねているのでしょう。そしてその意識の集合体は長い時の間にほころびが発生してしまうのだと思います。そこで強い意識を持つ者を探し出し、バラバラになり掛けている万物の意識を正しく再統合させる必要があったのではないかと思います。

こうなるとエレボスの正体はエルヴィンの影、万物の負の意識だと思えます。タナトスも意識が具現化したものなら、その意識を相殺する事で倒せそうですから、強い意識を持つ者の攻撃が有効だと考えられます。するとアンジェやオーブハンター以外に銀樹騎士団がタナトスと戦えるのも一般人よりも強い意識を持っているからとか、アンジェが祈った時だけでなく怒った時でも相手に効果があるのも全ては強い精神攻撃こそが有効だったと考えると納得出来て来ます。

そしてアンジェの役目はアルカディアの為に祈りを捧げるだけと説明されていますが、その答えは彼女の精神に万物の意識を取り込みアルカディアの全ての意識を統合する事で、自然の流れに・・・正しい方向へ導く事だと考えられます。


「はい。私は女王となり、愛するアルカディアを守ります。」

思わず長々と語ってしまいましたが、結論から言うと、

「愛は宇宙を救う!」って事ですね!(←リーロン風に(笑))

この場合の愛とは無償の愛になるわけですが。


そして別れの時が来る!・・・のですが(汗)

na2635.jpgna2636.jpg
na2637.jpgna2638.jpg

「待ってくれ!アンジェ!行くなぁぁぁあああ!!!」

まさかのクライマックスで、へタレ男が最大最後に大へタリやがりました!(爆)

レインの叫びと共に私の腹筋も崩壊!(笑)

何でお前はこんな所で俺を大爆笑させるんだよ!(^^)
百歩譲ったとしても、そのセリフは2話前に、アンジェの運命を立ち聞きした直後に言ってくれよ!

好意的に解釈するなら
「立ち聞きした時からずっと、レインはこの言葉を言う事に耐えていた。」
という事になりますが、自分の気持ちに耐える事で精一杯だからと言って、アンジェが自分の運命に悩み苦しんでいる時に、元気付けるでも無く、優しい言葉を掛けるでも無く、顔を背けて何もしなかった事は今更ながらに残念ですね(^^;


そしてアンジェから最後の言葉が語られましたが、何と言ったかは不明でした。
やはり「さようなら。」かなぁ(ToT)。ゲームやった人なら知ってるのでしょうか?




そしてエピローグへ。

na2639.jpgna2640.jpg

ジェット!やっぱり生きてたかジェット!(^^)

あの爆発にも耐えてくれたのですね。いやー凄い良かった!ホントに良かった!
前回思わず叫んでしまっただけに、なんだかコレだけで私の中では大満足だよ(笑)


na2641.jpgna2642.jpg

そして皆は世界の平和を見守りつつも、再びアンジェと再会する事を誓いそれぞれの道へ。

まさかアンジェの友達に出番があった事にも驚きました(笑)。それとヒュウガが船に乗っていると、あの船酔い回を思い出して笑えてしまいます。今、船に乗っている顔が真面目なだけに(^^;


それにしてもアンジェの元に行く方法が仮に解ったとしても、連れ戻してしまって良いのだろうか?などと思う訳ですが、何となく大丈夫そうにも思えますね。多分ですが「女王が居ないと世界の均衡が崩れる」という訳ではなく「世界の均衡が崩れた時に女王が必要」だと思うので、世界に秩序が戻ったなら、アルカディアに帰還しても良いのでは?と思えて来ます。

na2643.jpgna2644.jpg
na2645.jpgna2646.jpg

そして二クスも無事な姿を確認!(^^)


抱いている猫は役目を終えてただの猫に戻ったエルヴィンなのだと思います。
ここで顔を見せない所が、ニクイ演出ですね(^^)

最後は定番で、名も知らない人がアンジェが女王になった事を子供に聞かせて終了です。
でもどうせだったら、1期5話でアンジェが助けた母娘にして欲しかったかも(笑)

そしてエンドロールへ。

実は当初からこのエンディングは物語のその後を描いているのではないか?
と思って見ていたのですが、

謎は最後に解けた!(◆o◆)


na2643.jpgna2647.jpg

これは最後にエルヴィンを抱いていた

二クスの元へアンジェが戻った事を暗示しているんだよ!



・・・二クスファンの方以外、最後の最後にこんな予想でスミマセン(^^;
ところでDVD最終巻に、全員分の個別エンドシーンが特典として付くという噂を聞いたのですが、本当でしょうか?。何とかその感想記事を書く機会が得られぬものだろうか・・・。


■総評
全26話、楽しませて頂きました。基本ツッコミ重視の感想記事を書いている私ですが、ツッコミは全て愛情の裏返しなので「レインも好きなキャラでしたよ」と、まずはフォローさせて下さい(笑)

記事内で何度も書きましたが、元が女性向け恋愛ゲームという事で、男キャラが代わる代わるアンジェに近付いて行くという、さぞや甘い展開が見れるのだろうと楽しみに(笑)していたのですが、蓋を開けてみれば、仲間と共に苦難を乗り越えて行くという最近見ない王道ファンタジー物語に大変驚きました。

そして各キャラクターの設定の使い方が非常に上手く、どのキャラクターにもシリーズを通して役割があり、この作品をアニメ化するに当たって、シリーズ構成にいったいどれほどの時間を費やしたのか、考えも及びません。これほど多くのキャラクターに個別設定があり、その全てを全話の中で使い切ったアニメはほとんど見られません。


その一方で、やはり残念なのは恋愛ゲームを元にしているにも拘らず、恋愛パートをごっそりと無くしてしまった所です。もちろんキャラクターには皆さんそれぞれに思い入れのあるキャラクターが居るでしょうから、●●エンドと、アニメ用に1人に決定してしまうのは良く無いのは解りますが・・・、

せめてイベントくらいはあって良いでしょ!(笑)

定番ですが、倒れた時に誰かとキスしそうになるとか、戦い終わって腰が抜けて立てなくなった所を、誰かにお姫様抱っこされて照れるとか(笑)、そんな感じにアンジェと誰かの嬉し恥ずかしなイベントが色々とあったら凄く良かったと思います。まぁ私が単に見たかっただけですが(笑)

全体として物凄くストーリーが纏まっているアニメだったので、次回作ではそんなニヤニヤイベントがある事を是非お願いしつつ、最後は恒例の一言締めにて感想記事を終らせて頂きたいと思います。






俺がアンジェならロシュルートを選ぶぜ!(〃、ゝ〃)

(えぇぇぇぇぇーーーーー最後の最後で何このオチ(^^;)


当ブログの記事を最後まで読んで頂きありがとう御座いました。


トラコミュ
ネオ アンジェリーク Abyss


にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆

TVアニメーション ネオ・アンジェリーク・アビス
ネオ・アンジェリーク・アビス Webラジオ
ネオロマンス・オフィシャルサイト


最終話の直後に半分書いたら精魂尽き果てて長く放置してしまいました。
遅くなって申し訳ありません。まさか年越しになるとは・・・ホントすみません。(^^;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/553-6291f627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 無印のラストと比べると、意外と綺麗に終わりましたね。Second Ageでは一番面白いお話かも知れません。
2009/01/02(金) 10:45:31 | つれづれ
「永遠のアルカディア」(最終回)を観ました。 最後まで信じ続けて観たかいがありました! ニクスファンとしては、大満足の最終回でした...
2009/01/02(金) 13:45:34 | 更級の絵巻日記
星の船は荒れた大地に降下していく。ニクスを取り戻し、アルカディアを救うために!「永遠のアルカディア」あらすじは公式からです。エレボスを倒し、ニクスを救う。そのために、アルカディアから遠く離れた場所に辿り着いたアンジェたち。だが彼らの絆を試すかのように、...
2009/01/02(金) 14:53:38 | おぼろ二次元日記
永遠のアルカディア(ネオアンジェリークアビス2/♯13) ※最終回 まさかの女王エンド(☆o◎)。 いや、女王にはなると思ってましたが、完璧な人...
2009/01/02(金) 15:33:06 | 白昼夢を見ていた様な…
「ニクスさん、一緒にアルカディアに帰りましょう」 とうとう、ネオアンジェリークも最終回ですよ~。。。 星の船に乗ってたどり着いた荒...
2009/01/02(金) 21:08:40 | ジャスタウェイの日記☆
星の船に乗ってアンジェ達が辿り着いた場所には、陽だまり邸に似た 屋敷がありました。ニクスの心の現れなのか、エレボスの嫌味なのか…。
2009/01/03(土) 12:48:16 | Girlish Flower
目的地に辿り着いたアンジェリーク達は、ニクスの元へ。
2009/01/05(月) 12:29:32 | アニメ雑記帳
「待ってくれ!行くな!アンジェ!行くなー!  行くなぁあああ!!!アンジェぇえええ!!」 レインが泣いてるー(涙)  ↓  ↓
2009/01/05(月) 17:38:36 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
『ネオ アンジェリーク アビス』のアンジェリークです。 輝くプラチナブロンドに鮮やかなグリーンアイズを持つ、美しい彼女。 個人的には、...
2009/01/10(土) 23:08:46 | ゆったりイラスト空間
み、観終わったぁぁああぁぁぁあ!!ただいま、3/23 1:33!! せっかくの最終話付近だから、十話辺りから明日に回してもいいんじゃないかとも思...
2009/03/23(月) 02:35:39 | 月とゆりかごの世界
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。