ヴァンパイア騎士 2期 第8話 瑠佳、1つの恋の終わり。

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■2期 第8話 追憶の螺旋

優姫がヴァンパイアであり、しかも枢の妹?と判明した前回ラストでしたが、今回はアバンが前回ラストの続きからだった為、2人に銃口を向けた零がその後どうしたのか見る事が出来ました(笑)

という事で気になる正解ですが、

「枢が優姫を連れ去るのを零はただ見送った。」

と言う一番オーソドックスなもの。そこ!へタレとか言わない!(^^;
さすがにここで零が枢や優姫をどうこうするのはダメでしょう。


そして10年前の事件が遂に明かされました。

vn2101.jpgvn2102.jpg
vn2103.jpgvn2104.jpg

「ヴァンパイアの因子を全て眠らせて、

貴方をただの人間にするわ。」


事件の真相は、元老院側が真祖のヴァンパイアを支配する為に優姫を拉致しに来たというもの。その尖兵として支葵自身が来たのは少し驚きましたが、よくよく考えれば他のノーマルヴァンパイアだと無条件に真祖のヴァンパイアを恐れ支配されてしまうでしょうから仕方ない訳ですね(^^;

そして母親により優姫はヴァンパイアの因子を眠らされる事になる訳ですが、その直後に母が頭から血を流してしまうのはこの儀式のリスクなのか?。そうでなければ、この儀式を望む全てのヴァンパイアがこれと同じ方法で人間化すれば良いと思えます。あ、でも記憶を失うのもデフォルトなのかな?それなら困るか。

そして優姫の回想なので、その後は不明。今までの情報から残された枢が支葵を倒し拉致された優姫を救出。元老院側は行方不明になった優姫を探す為、とりあえず枢を受け入れた感じでしょうか。


以前、藍堂先輩が「枢の雰囲気が変った」と言ってたのは、枢が支葵を倒してその力を手に入れたからかな。個人的には支葵を倒す為、そして優姫を守る力を得る為、枢が戦闘不能になった両親にトドメを刺して力を手に入れたという展開だったら、鬱だけど燃えるんだが(オイ)


そして枢は気絶した優姫をお持ち帰りに(笑)
vn2105.jpgvn2106.jpg
vn2107.jpgvn2108.jpg

「それともまた、優姫は僕を1人にするの?」

優姫のショックうんぬんは置いといて、最後の枢の言葉が印象的でした。
「僕の妻になる為に産まれた娘だよ。」という爆弾発言もありましたが、
優姫を守る為に10年間他人として過ごして来た枢の心の声が聞こえた気がしました。

一方、優姫は記憶を取り戻したので自分がヴァンパイアだったというショック自体は受け入れられたようでしたが、兄である枢に恋していた=近親相姦にショックを受けていました。

枢は「ボクたち人間じゃ無いから、そこはスルーで。」と言ってましたが、その前に前回
「いっそ、本当の兄として産まれた方が、僕は嬉しかったよ。」と、言ってた事を考えると、
本当は本当の兄ではないけど、それを隠していると言う事でしょうか。

暁は「玖蘭家に女児は産まれていない筈だ。」と言っていましたが、
優姫が産まれた事を隠す為に男児が産まれた事にして、そのスケープゴートが枢だった?
とも考えられます。

ただ、それならもう近親相姦じゃ無いんだから隠さなくても良いように思えますが、
結局の所、本当に血を別けた兄弟なのかハッキリして下さい(^^;



一方、自身の本体復活の為、優姫を狙う支葵は遠矢莉磨とバトル突入!

vn2109.jpgvn2110.jpg
vn2111.jpgvn2112.jpg

「アンタはもっと、自分に愛着を持つべきよ!」

遠矢莉磨の声に支葵千里本人の精神が復活しそうな感じでしたが、
それで動揺するなら、自身の技が遠矢莉磨の体を貫通した時に、もっと動揺してあげろよ!と(笑)

一方、前回冒頭で「この子はこれ以上、君たちの争いの犠牲にさせない!」と、
カッコ良く決めた一条でしたが・・・


一条、ダメじゃん!(゚Д゚;)


何とか遠矢莉磨への致命的攻撃を回避させましたが、やはり真正面からは逆らえない様子。
なんだか悲しい中間管理職だな一条は・゚・(⊃д`゚。)・゚・。ホントに白髪が生えて来るぞ!(^^;

でも今支葵に振り回されているのは、
後々にキレて反逆する為に怒りエネルギーを貯めてる所なんだよ!きっと(笑)
という訳で、早く一条がコイツにキレて暴走する所を大期待します(^^)


vn2115.jpgvn2116.jpg

「僕に力が・・・まだ、あるなら・・・」


理事長、死亡フラグ立てたー!(゚Д゚;)


今回コレしか出番無いのに、何でわざわざこんなセリフを言うかなぁ・・・・゚・(⊃д`゚。)・゚・
死んで欲しくは無いキャラですが・・・正直、死なない気がしない(←酷い)
武器は普通にソードという感じに見えます。


vn2113.jpgvn2114.jpg

一方、近親相姦に悩んでいた優姫ですが、ここで零の事を思い出し、そして今の自分が零を裏切ったと自己嫌悪した結果、月の寮を脱出して零に会いに行く決心をしました。

そして止めようとした藍堂先輩&暁を「どいて下さい!」の言葉で一蹴!
枢のように目が赤く光った訳ではありませんから、真祖の力に逆らえなかったと言うよりも、
決意を固めた優姫の目に気圧されたという感じかな(^^;



その頃一方では1つの恋が終わりを告げました。

vn2121.jpgvn2122.jpg
vn2123.jpgvn2124.jpg

「それなら言うよ。とても酷な事を・・・。

君を信頼している。」



「・・・ありがとう御座います。」


良いですね~これは凄く良いですよ~(^^)
この少ない言葉回しに、瑠佳の恋の決着が物凄く凝縮されてますわ。

それと2人が対等の立場では無いからこそ出て来る、「君を信頼している。」という枢の言葉がとにかく良い!。これ、2人が対等の立場だったら「友達」とか「友情」とかな、ありきたりな言葉になってしまいしまいカッコ悪くなってしまいそうですよね。

そしてこの言葉の真意ですが、瑠佳の恋は彼女自身が言ったような「一人勝手に踊っていた」訳ではなく、枢は瑠佳の恋心を受け入れる事は出来なかったが、瑠佳の事をちゃんと解ってくれていた。理解してくれていた事が伺えます。だからこその信頼であり、これは無視され理解されていなかった事よりも何倍も救われたんじゃないかなぁ・・・と思えるのですが、ちょっと美化し過ぎですかね(^^;

このシーンの女性の感想を聞きたい所です(笑)

とりあえず、以前私は「瑠佳がヤンデレになるか?」と思った事もありましたが、これは謝るよ!


瑠佳!正直スマンかった!(;´Д`;)


そして話は終盤へ・・・。
とにかく零に対し自己嫌悪の塊となった優姫!

vn2117.jpgvn2118.jpg


「心を決めて・・・来たつもりだった・・・。でも・・・。」

正直、優姫の悪い所がこれっぽっちも見えないのですが、
まぁそれは本人がそう思い込んでるのだから、ここは仕方無いと諦めましょう!

自分がヴァンパイアだった事。過去の忌まわしい記憶。枢との関係・・・などなど、これだけ一変に世界が変ったのに、自分の事より零を心配するだけで凄いよ!。と言うか、優姫は冷静だなぁ・・・とか思ったのですが、もしかしたら気が動転していて頭の中でモヤモヤが一回転して冷静になってるだけかも知れませんね。

ほら、物凄く怒った時って、普段以上に冷静になれる感じってあるでしょ?(^^;。零を心配し、そして謝罪する為に会いに来た優姫ですが、むしろ今の優姫の精神状態の方が心配です。


もうこうなったら今までへタレだった分、
零がへタレ返上で優姫を受け止めてくれる事を信じますよ!









・・・・・・・・・!?(゚Д゚;)




vn2119.jpgvn2120.jpg

もうダメだ、コイツ━━Σ(*`Д´*)ノノ━━!!


という訳で、扉越しに真祖の血に目覚めた優姫の気配に気が付いたのでしょう。
零は扉越しに優姫へ銃を向けた所で終りました。


これはヤバイ!何がヤバイって、私の堪忍袋の尾がヤバイわぁ(笑)
まぁ一応、枢と間違えてる・・・と言う可能性もあるかも知れませんが・・・(^^;

でもこれは次回の零の行動いかんによっては、かつて無い祭りが私の中で開催されるかも知れません。そりゃあもう、どえらい祭りになるかも知れませんよ(笑)

ああ・・・コレはまた優姫が零を慰める展開なのか?・・・今やるべき事は逆だろ逆!Σ(*`Д´*)
どんだけへタレれば気が済むんだよ零!、お前のへタレは底無しなのか!?


もし次回で零がへタレたら・・・絶対無いとは思うが優姫を撃ってしまったら・・・


零、へタレ祭り開催!(いやホントに(^^;)


トラコミュ
ヴァンパイア騎士
トラコミュ
ヴァンパイア騎士 Guilty



にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆

ヴァンパイア騎士 公式サイト
ヴァンパイア騎士 公式ブログ
テレビ東京 ヴァンパイア騎士 二期 公式サイト
テレビ東京 ヴァンパイア騎士 一期 公式サイト
白泉社 ヴァンパイア騎士 公式サイト




畑先生が「ガンダム00」ネタの仕事速すぎで吹きましたが、てっきりネタが熱いうちに投入しようとあのコマだけ後から差し替えたのだと思ったら、普通に原稿がギリギリだからあのネタを入れられたとは・・・(汗)


コメント
この記事へのコメント
うわあ・・・(;´Д`A ```
ネタバレになってしまうのでこの先は言えませんが、
ただ一つ言える事は、「来週の祭りが恐ろしい・・・」
いや、多分管理人さんの想像を上回るアレだと思うので・・・汗

瑠佳と枢のやり取りはよかったですね~
「(君の事は永遠に恋愛対象ではないけれど、部下として)信頼している」
という、在る意味絶望的なまでの枢の宣言な訳ですが、
そんな報われない恋でも、ただ、枢の役に立てる事が嬉しい、
とばかりに微笑む瑠佳が潔い、というか、本当に佳い娘です
どっかのヘタレ男とは大違い(笑)
愛とは見返りを求めない事・・・(T_T)

莉磨と志葵のバトルは原作では脇腹を深く抉られて
「モデルの身体に傷を付けるなんてサイテー」
が頬切られて「モデルの顔に傷を付けるなんてサイテー」に変更されてましたね。
まあこっちの方が自然な台詞で良い修正ですが
私としてはむしろ莉磨たんの処女膜に傷を付けてあげたいハァハァwww
↑ピーッ!!(注意!)
2008/11/30(日) 06:20 | URL | 七海 #k3iMFtWU[ 編集]
>多分管理人さんの想像を上回るアレだと思うので・・・汗

え゛!ホントですか・・・(^^;
次回は零が根性見せてへタレ返上に期待を込めたのですが、
へタレ街道まっしぐらですか!?(汗)

瑠佳のシーンは本当に良かったです。後は暁との仲がどうなるか期待ですね(^^)

莉磨は今まで登場回数が少なかったので、
支葵に対して姉のような立場なのか恋人のような立場なのか解らないのが残念。

今までは弟としてしか見ていなかったけど、
支葵が乗っ取られた事で心に距離が出来、
それで支葵への恋心に気が付くという展開なら萌えるんですが(笑)
2008/11/30(日) 09:37 | URL | 鷹村 #fcqYBQkI[ 編集]
とまあ、こんな感じでしたとさw
さすがに撃ちゃあしませんでしたけどね・・・
なんつうヘタレ・・・というか女々しいひねくれだいwww

と言うか、一瞬写った零の回想シーンの優姫がやたらキラキラして吹いた件
ど、どこの天使だwww
零には優姫はこう見えるのか!
いくら隠そうとしてもそりゃ完全に惚れてるっていうんだよ零(^^;)

莉磨はいつもクールだから支葵に対してツンデレなところが観れる嬉しいですね確かに
2008/12/04(木) 06:28 | URL | 七海 #k3iMFtWU[ 編集]
>さすがに撃ちゃあしませんでしたけどね・・・

結局会わずに終ってしまいましたが、それで良かったんでしょうね。

もし会っていたら、零が暴走していたかも知れませんし、
優姫も一旦心を落ち着かせる必要があるように思えました。

それにしても優姫の召使と化した藍堂先輩が面白い・・・もとい可愛らしい(笑)

莉磨も最後に活躍できる事を期待しています(^^)

2008/12/07(日) 23:48 | URL | 鷹村 #fcqYBQkI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/593-a6f0f0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前回で純血の吸血鬼である事が判明した優姫。 今回は5歳以前の記憶が明らかになります。
2008/11/28(金) 18:00:03 | 日記・・・かも
純血種のヴァンパイアであるという過去の記憶を取り戻し苦悩する優姫、そして零もまた・・・ 優姫「お兄様まだー?」 堀江さんの幼女優姫...
2008/11/28(金) 19:37:45 | ムメイサの隠れ家
こんにちは mizutamaです ヴァンパイア騎士 Guilty 第8夜「追憶の螺旋(スパイラル)」 みました~ 前回の衝撃的ラストのつづきなので どきどきしながらみましたよ~ 枢様と優姫はやっぱり本当に 血のつながった兄妹でしたね 優姫が実は玖蘭の
2008/11/28(金) 21:03:14 | 腐女子な塾teacher(純情ロマンチカ大好き)
「優姫は僕の妻になるために生まれてきた子だよ」 禁断の兄妹愛☆ ←前回もコレ書いたな。(ボキャブラリーなくてスミマセン) 純血同士...
2008/11/28(金) 23:50:20 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。