ヴァンパイア騎士 2期13話 零がへタレを卒業するその日まで!

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■2期13話 ヴァンパイアの騎士

2期に渡って続いたヴァンパイア騎士も遂に今回で最終回!
当ブログでは、主に零の一挙手一投足に一喜一憂しながらツッコミを入れてきたのですが、
それも今回で終わりかと思うと、寂しいような気もして来ます。


さて、物語の方は前回からの続きで零が覚醒して謎光を出した所からです。

右手に持つ銃身に対ヴァンパイアエネルギー?を貯めていた感じだったので、私はてっきりブラッディーローズから放つ、「幽遊白書の浦飯幽助のレイガン」のような感じかと予想していたのですが・・・

vn2601.jpgvn2602.jpg
vn2603.jpgvn2604.jpg

零から緑色の触手デタ━━━(゚Д゚;)━━━!

と言うか、もうブラッディローズ、いらねーじゃん!(笑)
どうやら右腕から生えた?多数の触手が対ヴァンパイア用の光を帯びて敵を打ち抜く技の模様。

いや、もはや技と言うのもオコガマシイような気が(^^;

ヒーローの覚醒奥義が触手とか、いまだかつて無い展開です。さすがは零、さすがは最終回!

vn2605.jpgvn2606.jpg


そしてラスボス李土は傷付きながらも逃亡するも、枢に見つかり負い付いたゼロによってアッサリと退場。結局この人は快楽主義者以外の何物でもなく、このアッサリ感が相応しいラストでしたね。

ですが個人的にはワカメキャラは好きなんですけどね(^^;
たまにはワカメが主役のアニメを作ってくれませんか?(笑)


そして李土を倒した事で零の敵意は自分を利用した枢に向かう訳ですが、

vn2607.jpgvn2608.jpg

「そして、その引き金を引くことが出来ない事も。」

優姫が掛け付けた事で銃を下ろしました。

理論的に考えると、そもそも零がヴァンパイアになったのは枢のせいでは無いので、優姫、枢、そして壱縷の血を取り込んでレベルEにならずに済んだ?事を考えると、李土を倒す事はギブ&テイクな上に、優姫を守るという共通認識上当然の行動ですから、零が枢を殺そうとするのは筋違いに思えます。

が、枢は優姫を連れて行くと零に告げていたので、恋敵を抹殺したい気持ちは解りますが(笑)。結局、枢と共に学園を去るのか、それとも学園ガーディアンとして残るのかは優姫の気持ちしだいでしょう。そこでもう一言、零が優姫に「行くな!」と言ってくれたら、優姫が何と言うのか視聴者的には気になりますが、それが出来ないのが零の零たるゆえんですな(^^;


一方、零覚醒によって枢から「用済み」宣言をされたナイトクラスの面々ですが、

vn2611.jpgvn2609.jpg

「答えは決まってるじゃないか。」

藍堂先輩は最後まで枢一筋でした。

と言うか、最後の「どっちの手に入ってる?」の藍堂先輩がメッチャ恥ずかしすぎる(〃ノωノ)
これで妄想するなと言う方が無理ってもんだってばよ!(何を?)

vn2610.jpgvn2612.jpg

「これ、一条さんに返しに行く。」

うわ、一条先輩の事、完全に忘れてた(^^;

これは3期フラグ・・・と言うか、完全に一翁は生きているっぽいですね(^^;。問題は一条先輩ですが、一翁に乗っ取られて登場・・・は、もう2回もやって余りにもパターン過ぎるので、記憶喪失になって再登場に一票を投じさせて頂きます(笑)

一方、よりちゃんは最後に顔見せだけで残念(^^;。



そして遂に優姫と零の別れの時が来る!

vn2613.jpgvn2614.jpg
vn2615.jpgvn2616.jpg

「でも、俺はいつか、お前・・・お前を殺しに行く。」

「うん・・・待ってる。」


いやーこれは、すっごい良かったですね!(^^)

最後まで告白出来なかったへタレ零の気持ちを伝えさせる為に、
零の血を優姫に飲ませる演出がとにかく最高でした!(^^)

「お前を殺しに行く。」と言うセリフもまさに「迎えに行く」と表裏一体で、
このまま物語が進んでいくとテンプレではありますが原作の最終回辺りで、
「ヴァンパイアとしてのお前は死んだ。今俺の前にいるのはただの優姫だ。」
みたいな2人のラストを期待出来そうな感じもして来ます(^^)

って、そうなると枢=ラオウ。零=ケンシロウ。優姫=ユリアですが(爆)


そして優姫は旅立ちを決意し枢の元へ。

vn2617.jpgvn2618.jpg

「逆に働いてしまうんですよね。

守りたいのに傷付ける。泣きたいのに笑う・・・。」


枢自身も、そして私も優姫が一緒に来てくれる可能性は低いように考えていたので、
優姫が荷物を鞄に詰めて登場してくれた事には驚きました。

それでもやはり同情の部分が大きいかな?とも思ったのですが、枢の気持ちをちゃんと理解してくれていた優姫に、枢も心が折れて泣きそうになってしまう所が良いですね(ToT)

vn2619.jpgvn2620.jpg

「あの頃から・・・君は僕を見抜いていた。

僕が守られていたんだ・・・君に。」


そして床に膝を付く枢!

いやぁもう、ここでの枢の膝を折るシーンが今回一番最高のシーンでした!

観ていて思った事は「この人でもやっぱり膝を付く事があるんだな・・・。」という印象で、
10年間ずっと心休まる事の無かった枢が、今ようやく1つの幕を閉じる事が出来た感じがしました。

個人的にはずっと、零と優姫がどう結ばれるかに期待と関心を持って観続けてきた私ですが、
物語りもここに来て、始めて枢と結ばれる結末でも良い気がして来ました!(^^)


そして旅立つ2人の前に理事長が、そしてナイトクラスの面々が登場。

vn2621.jpgvn2622.jpg

(これから優姫と2人でハネムーンなのに

・・・君達、空気読もうよ)
(注・こんな事は言ってません。)

ナイトクラス登場に顔を歪めた枢が、内心でこう思っているだろうとマジで思って焦りました(^^;

一方、理事長の最後の抱擁を優姫は華麗に回避(笑)
理事長の「優姫を泣かせたら承知しないよ。」は、もはや娘を嫁にやる父親の言葉ですね(笑)


そして学園を去る一行ですが・・・。

vn2623.jpgvn2624.jpg

「待ってるよ、零。・・・待ってる。」

この待ってるとは、様々な解釈が出来ますが、多分・・・

零がへタレを卒業するその日まで待ってる。という意味で良いのかな?(^^;


いえ別に冗談ではなく、「零は優姫をどうしたいのか?」「何を告げたいのか?」などは、優姫が零の血を吸うことで伝える事が出来ましたが、結局の所は「まだ答えが出来ていない」という事を、優姫に伝えただけに終ってしまったのだと思います。

ですから零がちゃんとその答えを自分の中で見つけるまで・・・、
そしてそれを今度はちゃんと言葉で伝えてくれる時まで待ってる・・・。
そしてその時に自分も零と枢に答えを出そう。

そんな意味ではないかと勝手に解釈しておこうと思います(^^)


■総評
足掛け2期に渡って観続けて来たヴァンパイア騎士も見事なフィナーレとなりました。聞く所によるとアニメがこれで原作に完全に追いついてしまったので、3期があるとしても数年は観られないであろう事は寂しく思います。物語は学園を舞台にしつつもラブコメでも無ければバトルものでもないオリジナリティ溢れる設定と展開で、観ていて飽きる事も無く内容も非常に濃い物語だったと思います。監督も女性の方という事ですが、原作も含めキャラクターの心理描写を描かせる事では、やはり男性クリエイターでは女性クリエイターにはまだまだ勝てない・・・改めてそう思わされる作品でもありました。


それでは最後に恒例の一言締めで絞めさせて頂きたいと思います。


素晴らしいアニメをありがとう御座いました(^^)

当ブログの感想記事を読んで頂きありがとう御座いました。
web拍手も多く頂き、記事を書き続けて行く励みになりました(^^)

また、このアニメのCD、DVDなどを、このブログのアフェリエイトから買っていただいた方に
厚く御礼申し上げます。頂いたアフェリエイトはアニメDVDを買うのに使わさせて頂きます(^^)



トラコミュ
ヴァンパイア騎士
トラコミュ
ヴァンパイア騎士 Guilty



にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆

ヴァンパイア騎士 公式サイト
ヴァンパイア騎士 公式ブログ
テレビ東京 ヴァンパイア騎士 二期 公式サイト
テレビ東京 ヴァンパイア騎士 一期 公式サイト
白泉社 ヴァンパイア騎士 公式サイト




コメント
この記事へのコメント
こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?3」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてくださいませ。


これは、今期終了予定のアニメを、評価しようという企画でございます。ブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51166871.html


宣伝大変失礼いたしました。今後ともブログ共々どうかよろしくお願いいたします。
2008/12/30(火) 18:29 | URL | ピッコロ #-[ 編集]
零から出てたのは薔薇のつたですよ!銃の名前は「bloody rose」ですからね!
2008/12/30(火) 22:08 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>零から出てたのは薔薇のつたですよ!

ああなるほど!そう言う事か!
道理で緑色な訳ですね(^^)

という事はオクトパスと改名したら、
次からタコの足が・・・(^^;
2008/12/30(火) 22:23 | URL | 鷹村 #fcqYBQkI[ 編集]
原作では零は「純血種は全て滅ぼす」と決意表明した上での「お前を~」なのですが…。そこら辺どうアニメ零は決意したんだろう(土曜日放送なので)
そして、優姫からの吸血のかわりに零から吸血とキス(声を大にして(笑))でした。そして二人が決別して次号につづくでした。
2008/12/31(水) 09:07 | URL | SAMI #YjpynKnM[ 編集]
SAMIさん。

それは原作の方が断然良い終り方ですね(^^)
アニメで優姫が吸血するシーンは良かったですが。

原作の零はアニメのようにへタレで終った訳では無く、
カッコ良く終ったのですね(^^)
2008/12/31(水) 10:17 | URL | 鷹村 #fcqYBQkI[ 編集]
零フラれた・・・
せめて枢か零か、優姫がまだどっちに転ぶかかわからない終わり方に出来なかったものか。
自分にとって優姫はまさに優しさの象徴だったので、零を見捨てたとも取れるこのエンディングは激ショック!!です。

そりゃ枢も孤独ですけど、不幸度で言ったら零は枢の比じゃありません。
力も地位も忠実な部下も恋人候補も全て持ってる枢と優姫しか縋るものがない零・・・
なのにとうとう優姫まで枢に取られてしまうとは!
いくらヘタレとはいえこの扱いはあんまりだよ優姫ちゃん!

枢が優姫の前に崩れ落ち、弱さを吐露するシーンなどは
いかにも免罪符っぽくて逆に落胆。
頼ちゃんだってこんな結末は望んでいなかったと思います・・・
2009/01/05(月) 04:36 | URL | 七海 #k3iMFtWU[ 編集]
(続き)

個人的には
1 李土を倒した後、枢と零がバトル開始
2 お互い最後の一撃を放とうとした間に優姫が身を挺して仲裁に入り、2人の攻撃を喰らって重症。
3 枢と零がお互い残り少ない力と血を合わせて優姫を回復させ、目を覚ました優姫が2人とも抱きしめて一時和解。
4 2人の力を受けた優姫が純血種の新たな女王に、枢と零は優姫を護る騎士になる
・・・みたいな曖昧エンドを期待してました・・・。

何にしても終わってしまったので後の祭り。
5巻まで全巻買ってた自分ですが・・・2クール目のはスルーかも。
(むしろ割りそうな気分)

総評:『終わり悪ければ全て割るし』(汗)

長文失礼致しました!いつかまた何かの作品で!
2009/01/05(月) 04:42 | URL | 七海 #k3iMFtWU[ 編集]
今回のコメント投稿の時
何度も「禁止キーワードエラー」ではじかれました汗

投稿2つに分けたり
何度もそれっぽい言葉を推量して変えたり削ったりして
最終的に当たりをつけたのが
「まじ(カナカナ)」
「きぼう(かんじ)」
の2つ。

え?こんなのが禁止ワードなんですか?
よくワカラン(@◇@)

禁止キーワードの一覧ってどこで見れるんでしょうか汗?
2009/01/05(月) 04:49 | URL | 七海 #k3iMFtWU[ 編集]
七海さん、こんにちは。

>零フラれた・・・
あれ?(^^;
私は、結局、恋愛面では2人とも何の進展も無く終ったという感じに受け取っています。

枢と旅立ったのも、枢がずっと孤独な兄だったから以上の感情も無いのでは?と思いました(^^;

禁止ワードの一覧は無いのですが、「まじ(カナカナ)」 は、業者の書き込みに多いので禁止にしました。「希望」は禁止ワードに指定して無いので、エラーかも知れません。

2009/01/05(月) 22:50 | URL | 鷹村 #fcqYBQkI[ 編集]
>>結局、恋愛面では2人とも何の進展も無く終ったという感じに受け取っています。
言われて見ればそうも受け取れますか・・・ねえ(^^;)?
なるほど、全ては観てる人の受け取り方次第ってわけですね。
素晴らしい解釈w

でも、製作スタッフによるとこれは優姫が枢を選んだという事らしいですよ(汗
枢エンドと取って貰って構わない、というコメントまでしてるらしいし

また、アニメではカットされてますが、原作では更に零フラレ表現が多くて
(以下原作ネタバレ含みます)

零が告白と共に口付けをしても優姫は動じず、
「私はお兄様(の血)だけがほしい」と眼前の零をスルーしたり、
最後、枢に付いていく優姫に、零が「いつかお前を殺しに行く」と言ったのに対し
優姫は「じゃあ私は零から逃げ続ける」と返す・・・とか。

アニメはもう無理かもですが。
せめて原作では2部でヘタレ零の大逆転を期待したいですね!
それまで優姫が枢に手ぇ出されないように祈って・・・(汗
頑張れヘタレ!

禁止ワードありがとうです♪
なるほど、そういう事情でしたか(◎-◎)
2009/01/06(火) 07:50 | URL | 七海 #k3iMFtWU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/620-a8c69905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
え、あれ? 終わり??(汗) 最後までひっぱった李土はあっさり倒されました(笑) 2008年がっかりなラスボスアワードにノミネートです(^...
2008/12/30(火) 19:29:37 | SERA@らくblog 3.0
 李土と零の戦いをもっと引っ張るのかと思っていたら意外にあっさり終わったので驚きました。むしろ今回は優姫と零の内面に焦点が当てられているような感じでしたね。
2008/12/30(火) 19:33:16 | つれづれ
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工  ちょw李土瞬殺なんですがwww光ってるブラッディローズの攻...
2008/12/30(火) 20:12:17 | 欲望の赴くままに…。
李土を倒した??!!! 意外と早くてビックリです{/3hearts/} でも本題は枢と零の関係ってことですね{/face_zzz/} 戦闘シーンでヒラリと舞う枢様がカッコよかった{/hiyo_en2/} 「君達は用済みだ」 藍堂のちょっと危ない笑いがルルっぽい(笑) その後の「違うよ!!」も...
2008/12/30(火) 21:08:20 | ★一喜一遊★
最後まで優姫のナチュラルさは最強だと思った、ヴァンパイア騎士Guilty第13話 ヴァンパイアの騎士(ナイト)、最終回です
2008/12/30(火) 21:48:19 | ミニスカ少女のドラマティックオンラインライフ
李土との最終決戦--------!!いよいよこちらも最終回っ!!(>▽<)/零の変化。ヴァンパイアにふさわしくない光。進化したブラッディローズが零の身体を蔦のように絡める。だが、その攻撃では、致命傷にまでは至らなかった李土。彼はすぐさま、しもべのヴァンパイアた...
2008/12/30(火) 21:59:01 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
ヴァンパイア騎士Guiltyの最終話を見ました。第十三夜 ヴァンパイアの騎士~ナイト~零は李土に血薔薇の銃の一撃を浴びせるも、絶命させられず、取り逃がしてしまう。「壮観だな」「玖蘭李土は?」「まだ、どこかにいる…」「まだ、まだ、僕は終わらない…樹里、お前を喰...
2008/12/30(火) 22:03:05 | MAGI☆の日記
年末最後のアニメ更新。 死闘の末、勝負を制するのはどちらなんでしょう?
2008/12/30(火) 22:03:44 | 日記・・・かも
全ての因縁に決着がつきし時、ヴァンパイア達は旅立ちの時を迎えて・・・ 「さようなら」の一言を掛けられただけで退場の李土さんw 今ま...
2008/12/31(水) 13:21:30 | ムメイサの隠れ家
李土のあっさりな負けっぷりは凄いなぁと思いました。
2008/12/31(水) 17:04:24 | らび庵
覚醒した力で玖蘭李土の力を退けた錐生零。圧倒的な力で、彼の配下のヴァンパイアたちも一瞬で消滅。夜間部(ナイトクラス)の生徒達も光を躱していなければ同じ運命だった、という事なのだろう。しかし李土はその一瞬で逃亡してました。敷地内にいた他の手下の血を吸いな...
2009/01/04(日) 18:12:59 | 無限回廊幻想記譚
零の攻撃にも、無事だった李土。
2009/01/05(月) 12:22:53 | アニメ雑記帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。