Candy boy episode 01をそろそろ語っても良いでしょうか?

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■episode 01 フタリノキョリ

Candy boyは2007年末、音楽とショートアニメの新しいコラボレーションとして制作発売された「Candy☆boy」の続編シリーズです。2008年現在、ニコニコアニメチャンネルにて無料配信された「episode 01~04」はDVDとして纏められ発売されている他、先日にはシリーズ最新作となる「episode05」の無料配信が始まりました。

そして今回紹介するepisode 01は名称が「Candy☆boy」から「Candy boy」へと☆無しに変更され、オリジナルアニメシリーズとして一人立ちした最初のエピソードです。物語の時系列的には前身である「Candy☆boy」の続編であり、神山咲夜の登場により櫻井姉妹の雪乃と奏での絆がより深くなった後からこのシリーズは始まります。



さて、名称変更して新規一転したCandy boyですが、
このエピソードには全エピソードを通して今の所、最初で最後の珍事が発生しています。

cb0109.jpgcb0110.jpg

「そこの怪しく悶える女の子!危ないから後に下がって!」

驚きの駅員(男性)が、声のみとは言え登場!

声優は遠藤大智さん。こちらにプロフィールが掲載されています(^^)


そして本編へ!
cb0101.jpgcb0102.jpg
cb0103.jpgcb0104.jpg

今回は咲夜が描いた相合い傘の落書きを見た奏が、雨の日に雪乃との相合い傘を計画する話。

もうこの時点で発起人となってしまった咲ちゃんが涙目な感じですが(^^;、
自分を好きな咲夜に対し奏が雪乃の話を振り、それに対する咲夜の返答から、
咲ちゃんがただの変態ストーカーでは無く、根は凄く良い子である事をフォローしています。


そして相合い傘計画の結末は・・・

cb0105.jpgcb0106.jpg

「はい、私の。」  「え!、何で!?」

傘が無くなっていて探しても見つからなかった奏ですが、
こんな事もあろうかと用意していた雪乃が自分用の折り畳み傘を差し出しました。

そして雪ちゃんは奏の相合い傘計画に最初から気付いていて、
奏が傘を持っていたなら最初から自分のは出さなかった事が伺えます。

この辺りの2人の絆・・と言うか、
相手を思う仲の深さを見て楽しむ事がこのアニメの醍醐味だと思えますね(^^)


今回は冒頭の2人のやり取り、

「来てくれないのー!?。」

「・・・全力で行きます。」

そしてラストの、

「これしたかったんじゃないの?。」

「はいスミマセン、その通りです・・・。」

という繰り返しの展開から、奏の心を試す雪ちゃんの挑発に対し、
常に陥落するしかない奏の真面目さ、そして可愛らしさが印象的に演出されてますね(^^)


cb0107.jpgcb0108.jpg

そして奏の傘は咲ちゃんの手に・・・。

この辺りはギャグ担当である咲ちゃんオチですが、私は少し深読みしてこう考えました。

ボロボロの折り畳み傘をキチンと畳む事はかなり面倒ですし、そもそも奏が自分の折り畳み傘が壊れている事を忘れているのも不自然です。ですからこの折り畳み傘を壊したのは雪ちゃんではないか?と私は考えました。

もともとこの日は雨が降るので雪ちゃんも折り畳み傘を所持していた事に不自然はありませんが、奏の傘を壊したのが雪ちゃんなら、それを知っている彼女が自分で折り畳み傘を用意して来た事も納得出来ます。そしてその上で壊した事自体の証拠隠滅を兼ねて咲夜に奏の傘を写真の代わりにプレゼントしたのではないか?・・・とまで考えると雪ちゃんが黒過ぎですかね(^^;

でも咲夜も奏の飲み掛けのジュースを持ち逃げしたりしているので普通に咲夜が犯人なのかな?(^^;。どちらにしても傘が壊れていたと言う事で、咲ちゃんが悪者になる印象をギャグにすり替えている演出が面白いですね(^^)

今回は相合い傘計画にずっと悶々とする、奏のひたむきな可愛さが演出された第1話でした。


トラコミュ
Candy boy


candy boy 公式サイト
アニメ2.0公式サイト
Nonchalant talk of the certain twin sisters in daily life(監督ブログ・突発マンガに注目!)
Candy☆Boy (注・シリーズ前身サイト)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/638-da1b799a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
秊 派手な動きはありませんし作画枚数を抑える演出も目立ちましたが、背景のレベルが高いため、それだけでお話が持ってしまった恐ろしさ。 少女セクトを彷彿させる小粋なやりとりとかも楽しいでしょうか。 つかもー、アバンで布団上げてこいこいするおねーち..
2009/01/25(日) 23:21:40 | バラックあにめ日記
「Candy boy」は元々Webアニメで放送されていた作品で、 今はDVDも発売されています。 最近は原作付のアニメも多いですが、 これは完全オリジナルのストーリーで、しかも百合作品です。 百合好きとしては、久しぶりに気に入った作品でした。 登場人物は、まずは櫻
2009/12/15(火) 18:54:46 | おいら的ゲーム今昔
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。