SCENE11 「斬り裂く者たちⅢ」

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ⅰ、Ⅱと続いて来た斬り裂く者たちのストーリーもいよいよ今回のⅢで終わりです。今回はこの物語を総括するような話でした。

クレイモア1101
「1つ聞きたい事がある。お前達の中で覚醒し掛けた者は?」
今回のメンバーは全員覚醒し掛けたものの人間の側に戻って来れた者たちでした。
それは半覚醒という不安定な状態で、いつ覚醒するかも知れぬらしい・・。

しかし幸か不幸か身体能力は普通のクレイモアよりも高くなり、
全員がNo一ケタ台の強さになっているそうです。

個々の戦闘能力がナンバーに対し過去のテレサ討伐隊のクレイモアよりも高いと思いましたが、
そんな理由があったんですね。しかしそれでも今のNo1~5との間には大きな差があるらしい・・・。

そして組織はやはり彼女らを覚醒者に殺させようとしていました。
実際はどちらが勝っても損は無いし、何人かは死ぬだろうと思っていたんでしょうね。

クレイモア1102
一方、最初の傷で腕を失い、2回目も致命傷を負ったデネヴは覚醒ギリギリまで妖力を開放して傷を回復する手段に出ます。ミリアの話を聞き、もう一度半覚醒して戻って来れるか試すという荒業でしたが成功しました。傷は瞬時に完治して覚醒者となる事無く元の姿に戻れました。

いやー凄いっちゃ凄いですし危険だなーと思うんですが、ずいぶんハードルが下がった感じがしますね(^^;。最初の頃って覚醒したら終わりというギリギリの中で戦うシビアな印象があったのですが、この回で半覚醒まではOKになってしまいました。しかも今のジャンプ漫画にありがちでスタンドや悪魔の実のような特殊能力まで付いて来ます。

ただクレイモアは全員が同じ服装と武器で戦うという事で、キャラクターの個性が出し難いので個々の特殊能力はキャラクターの違いを見せて物語を面白くする為には仕方ない所ですね。

それにしても強さのインフレと言うか、
ハードルがこれ以上下がる事の方が心配です。

例えば今回で半覚醒までOKになりましたが、最終的には完全覚醒しても元に戻れるキャラクターが登場したり、それに伴い特殊能力も身体的な能力からかけ離れ、火や風、水などを操るようになるとか(笑)

クレイモア1103
そして4人は今回何事も無かったように、自分達は何も気が付いていないよう組織に怪しまれる事の無いようにする事を誓いました。

クレイモア1104
そしてクレアは無事にラキの元に帰って来れました☆

今までも怪しい組織だと思っていましたが、
これは最終的に組織がラスボスとなる展開でしょうか?

実はこの世に最初の妖魔を作り出してしまったのが組織で、組織は自分たちが生み出したものを倒す為に、妖魔を作り出したノウハウを生かしてクレイモアを作ったとか。
↑が当たっていたら、妖魔もクレイモアも出自は一緒というドロドロの展開が待ってますね(笑)

←クレイモアを作る方法が気になります。

クレイモア公式サイト
日本テレビ・クレイモア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/71-b9b94420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。