第10幕 泪 ~貴方と逢えて~

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打倒モンタギューとキャピレット家の復興を目指して結成したばかりの隠れ家が、その日の内に憲兵隊に襲撃されるという怒涛の急展開で終った前回。

フランシスコが危険を予感して呼んだティボルトに連れられて、
ジュリエットは逃げ延びる事に成功しました。

数話前に市長襲撃を知らせに来た連絡係もやはりティボルトっぽいですね。
フランシスコはティボルトの正体も知ってそうですし。

ロミオ×ジュリエット1001
そしてティボルトはジュリエットを憲兵隊の捜索網から隠す為、
歓楽街の宿屋に匿う事にしました。

ティボルト、顔広過ぎです(^^)
これで正体不明というのも凄いですね。
そしてティボルトとジュリエットの仲を問わない女将さんも出来た人です。

ロミオ×ジュリエット1002
一方、今までのん気なお坊ちゃまと呼ばれていたロミオも、キャピレット家の残党襲撃の事を知り、ようやく事態の深刻性が見えて来ました。
貴族議会で父親のモンタギューが提案した娘狩り強化の決議に対し、
キャピレット家の娘や家臣に罪は無いと説得します。

おお!遂にロミオに初の見せ場が来たか!と思っていましたが、
賛同者はゼロで、全会一致でロミオの提案は否決されました(ToT)

まぁそれでもロミオの印象は少し上昇ですね☆

ロミオ×ジュリエット1003ロミオ×ジュリエット1004
一方、宿屋に隠れていたジュリエットは自責の念やティボルトから今回の事に付いての厳しい叱咤を受け、宿屋を出て街を彷徨ってしまいます。そして倒れついた先はロミオの母ポーシアの居る修道院でした。

ジュリエットが街を彷徨っていたのを最後まで隠れて見届けていたティボルトは良い人ですね。当然ジュリエットが本当にピンチになったら飛び出て助けてくれたのでしょうし、厳しい態度も当然で、まさに妹を見守る兄のような存在です。

ああーティボルトが登場してからフランシスコとキュリオの存在感が・・・w

ロミオ×ジュリエット1005ロミオ×ジュリエット1006
修道院の一室で目覚めたジュリエットにポーシアは自分がロミオの母である事を告げ、ジュリエットとロミオが愛し合ってしまった不幸を悲しみます。そしてロミオを呼び、キャピレット家が清廉潔白な事を教えました。

ジュリエットには父や兄、それに姉のような存在は居ても母のような存在は居ませんでしたからポーシアがジュリエットの母親的な精神的支えになってくれそうですね。

そしてポーシアの母性愛の力か、襲撃から今までジュリエットの張り詰めていた緊張の糸が切れ、初めて16歳の少女に戻って泣いてしまうシーンは演出的にも素晴らしい流れでした(^^)

そして原作の詳しい内容は知らなくても

誰もが知っている名シーンが遂に来ました!


ロミオ×ジュリエット1007ロミオ×ジュリエット1008

「ねえロミオ・・・あなたはどうしてロミオなの。
私はキャピレットの娘、貴方はモンタギューの息子。
どうして私達は出会ってしまったの。
どうして私達は愛し合ってしまったの。」


「君の為なら僕はモンタギューの名前を捨てよう。
僕はロミオ。それ以外の名前は要らない。」


素晴らしい演出、素晴らしい流れ!
もうこのタイミングで入れるべくして入れたシーンです!

ポーシアと出会った事によって復讐するキャピレット家の娘から1人の少女、ジュリエットに戻る所から、ロミオが現れ2人が互いの立場を確認し、そして次の日の朝の告白と誓いと素晴らしい流れです!


おそらく今回と次回が2人にとって平穏で最も幸せな時だったと後々語られそうなエピソードなんですが(^^;、それでも今は立場を超えた2人だけの幸福の時間を温かく見守りたいですね(ToT)

←それでもハーマイオニー嬢の今後に期待。

ロミオ×ジュリエット公式サイト(注・トップページ音楽あり)
↑現在、第9幕を配信中です!

音泉で金曜にネットラジオも配信中
コメント
この記事へのコメント
キャピュレット家のジュリエットとしか見ていない遺臣たちの中で育って、唯一ただのジュリエットと見てくれるロミオに惹かれてゆくジュリエットが可愛かったですね。最期のテラスでの演出は最高でしたw
2007/06/16(土) 16:16 | URL | ちはや #B7q/.fmY[ 編集]
あのテラスから最後の流れは見入ってしまうほど良い演出でした。

本来演技のセリフなので不自然なはずなんですが、ジュリエットの最初のセリフの入りがかなり自然だったのが上手いですね。
2007/06/16(土) 21:09 | URL | 鷹村 #3un.pJ2M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/73-2b7fb7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
{{{第十話「泪」}}}{{{フランシスコの機転とティボルトの協力により窮地を一人脱したジュリエット。ティボルトのツテで娼館に匿われたジュリエットだが、ティボルトは彼女に冷徹なまでに冷たく、彼女を守るために犠牲になった仲間達を想うとジュリエット隠れていることもで
2007/06/16(土) 16:14:52 | マンガとアニメの感想録とか
キタキタキタキター!!!「ねえ、ロミオ・・・ 貴方はどうしてロミオなの?」名台詞だイエッフ~♪ ↓ ↓
2007/06/16(土) 16:31:26 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
『 ロミオ、あなたは どうして ロミオなの? 私は キャピュレットの娘、あなたは モンタギューの息子。どうして 私達は 出逢ってしまったの?どうして、愛し合ってしまったの。』いつ このシーンがくるのか? と それは 心待ちにしていましたが。。。。ついに き...
2007/06/16(土) 17:49:43 | 幻影現実 私的工廠 ブログ
「泪~貴方と逢えて~」名シーン、キターっっ!!ロミジュリと言えば、やっぱり「ねぇ、ロミオ。貴方はどうしてロミオなの?」ですよね♪今回はラストシーンで大いに盛り上がりました。さて、ロミジュリ再
2007/06/16(土) 17:58:07 | ラブアニメ。
地下水道へと逃げてきたジュリエットとアントニオ。「遅かったな」良く響く深い声がお出迎えですよぉ~っ。{/roket/}もぉもぉもぉ。{/face_acha/}ダメだって、置鮎さんっ!!たった一言で、私を撃ち抜かないでぇ~よれよれよれ。アントニオに反対側へ走って憲兵をかく乱しろと
2007/06/16(土) 18:11:24 | 橘の部屋
「ねぇ、ロミオ。貴方はどうしてロミオなの?」 「僕はロミオ。それ以外の名前はいらない」 ロミジュリ、盛り上がってまいりました。
2007/06/16(土) 23:32:43 | SOBUCCOLI
どうして私たちは出会ってしまったの――。ティボルトの手引きで脱出したジュリエット。決起が失敗を自分のせいと悔やみ街をさまよい…そんな彼女を救ったのはロミオの母だった。運命は二人を再び再会させる――。
2007/06/17(日) 22:20:01 | SERA@らくblog
ロミオ×ジュリエット  現時点での評価:3.5~  [ファンタジー]  CBC : 04/04 25:45  TBS : 04/13 26:25~ (初回 26:40)  サンテレビ : 04/17 25:10~  KBS京都 : 04/20 25:30~  原作 : ウィリアム・シェイクスピア   監督 : 追崎....
2007/06/17(日) 23:08:03 | アニメって本当に面白いですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。