週刊少年ジャンプ 33号 感想

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■週刊少年ジャンプ 33号 感想

先日、「エウレカセブン」にハマッテしまい、先々週と先週の土日を費やしてTVシリーズ全50話と劇場版を一気に視聴してしまいました。いや~物凄く面白かったです!。TVシリーズを4回に劇場版の合わせて5回に別けて感想記事を書いて行こうとか思っています。それにしても劇場版は凄かった(^^;


■新連載 「鍵人(カギジン)」

wj3301.jpg

作者は誰かと思ったら「瞳のカトプレパス」の作者で驚き。何だかずいぶん絵の印象が変った気がして最初は解らなかったです。前作はハヤテで「四神獣は打ち切りフラグ」というネタにされた事しか印象に無いのですが(酷い(^^;)、今回はかなりストーリーネタを煮詰めている感じで、第1話は今後の展開に期待出来そうで面白かったです。

ただ気になるのは、やはり能力バトル漫画なのか!という所(^^;
そして「瞳のカトプレパス」と同じく「断空の鍵」を持つ主人公は最初から強いという所。
主人公が最初から強いと、ピンチになっても大抵すぐに逆転勝ちしちゃうんですよね。


■あねどきっ

wj3302.jpg

もう次週からタイトル「ツンデレどきっ」にしようよ(^^)

でもターゲットが主人公と同じ中学生と考えると、年上のお姉さんの方が良いんでしようね。
とりあえずコレでお姉さんと同級生はフォローしたので、後は小学生の妹のみだが、
それなんて「ToLOVEる」な事になるのだろうか?

個人的にはあと3人くらい、主人公の家に住み着くお姉さんが増えると予想しています(笑)


■めだかボックス

wj3303.jpg

やはり真っ先に気になったのは、この技が本当にあるのかという事(笑)
でもって、ありました(笑)「玉入れテクニック

これはもう、
「いくつ持っても良いが、1回に投げて良いのは一つだけ」を正規ルールにしようよ(^^;
何か子供の遊びなのに、大人が悪知恵使ってズルしてるみたいな印象で嫌だな。

でも攻略法を考えるのは嫌いじゃないですけどね(^^)。(どっちだよ)


■バクマン

wj3306.jpg

最近掲載順位が良くないバクマンですが、実は打ち切り候補に入ってしまい、
纏めに入っているのでは?などと思っています。これで彼らが休載し、
退院した2人が川辺で「俺達の漫画道はこれからだ!」みたいな感じに終了という(^^;

これで最終話に「作者急病につき連載終了」とか書いてあったら凄いブラックジョークだなぁ(コラ)


■ToLOVEる

wj3305.jpg

とりあえず作中内の人にも小手川さんの胸は大きいと認識されていた事に安堵しました(笑)

今回登場したタコですが、いつものララの発明品と違いちゃんとした生物なんですよね。
機械ではなく生物にバストを吸引させる事が宇宙規模で流行っている世界。
それがToLOVEるクオリティなのです(*^o^*)

ちなみに序盤の美柑の「え・・・エンリョしくと。」に、激しくガッカリした事は秘密です(^^;

トラコミュ
週刊少年ジャンプ感想


にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/786-a1b55ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。