週刊少年ジャンプ 41号 羽衣狐様のおみ足万歳!

見た読んだアニメや漫画の感想をメインに掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■週刊少年ジャンプ 41号



■ONE PIECE

wj4101.jpg

白ヒゲが下(海中)から来るなら、ルフィは上(空)から来る!

どうやってこの戦場にやって来るのだろうか?と思っていましたが、空から降って来るとは凄く良い王道展開ですね~。もうこの最後の見開きを見ただけでワクワクして来ました。これは次週が楽しみで仕方ない(^^)

ところで今回現われた新キャラ「氷の魔女・ホワイティベイ」ですが、
ホワイティと聞くとどうしても真っ先にこの人の事を思い出してしまう(^^;





■バクマン

wj4104.jpg

一番やっちゃいけないことは

何でもかんでもバトル化という発想でしょ!(^^;


何だかこの漫画を読んでいると、時々洗脳されて行きそうな気分を味わいます(笑)

でも最後の「殺し合い、殴り合いでけがバトルじゃない」には完全に同意ですね。
バトルが好きな人が実際に見たいのは殴り合いじゃなくて「対決」なんじゃないかと思います。
今だったらアニメの「咲」で、自分だったらこんな個人戦の組み合わが見たい!とか考えますし。

ただこれは双方のキャラに魅力がある事が大前提なので、
結局の所、魅力あるキャラを作り出せるか否かが最重要なんだろうなぁと思います。



■ぬらりひょんの孫

wj4102.jpg

今回は羽衣狐の京都の話でしたが、冒頭のおみ足でどれだけ男性読者のハートを鷲掴みに出来たのか気になるところ(笑)。もちろん私も「羽衣狐様のおみ足万歳!」と言っておきます(^^)

京都の封印が螺旋状になっていて1個ずつ破壊して行かないとダメというのは、言ってみれば十二宮突破で主人公側が黄金聖闘士側になったような設定ですね。これの利点は物語の展開が解り易く、西方願寺で負けても、次は鹿金寺に防衛ラインを!、と、順次バトル展開を続けて行ける所でしょう。途中でゲストの味方キャラが相剋寺を守ったりとか、色々楽しみな展開が見れそうです。

それにしても陽力投与促進剤って、ドーピングコンソメスープですよね(笑)

学校に行くでもないのにわざわざセーラー服を着ている羽衣狐様は、
普通にセーラー服姿が気に入ってしまったんじゃないかと思います(^^)

■あねどきっ

wj4103.jpg

こちらは以前に書いた予想通り、同居姉が増える展開に。
謎のお姉さんは少なくとも四姉妹以上と見たね(笑)

ただ今回は内容自体は全く面白くないのが残念な所。

「To LOVEる 」は、言ってみれば「こち亀」のエロ漫画版だったので、何が起きてもギャグ的エロ展開で完結するのですが、こちらはストーリー漫画なのでストーリーが面白くなければエロ展開に何の意味も見出せないのが辛い所。

そう考えると、「あねどきっ」は「To LOVEる 」よりもハードルが高い漫画なんだなぁとも思えて来ます。エロ展開とストーリー、両方満たして初めて認められるのですから。って、この系統の漫画はそれが普通のような気もしますね。

そう考えると逆にエロ展開だけで長期連載して終った「To LOVEる 」の方が
実は遥かに凄い漫画だったのかもと思えて来ます。

トラコミュ
週刊少年ジャンプ感想


にほんブログ村 アニメブログへ←やる気が出るので面白かったら押してね☆


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/822-84079417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。